2017年5月26日 (金)

車両転入

「グランシップ トレインフェスタ 2017」からの帰り、荷物が増えてしまいました。

ブログ「気のむくままに…製作中」主宰のもりおかさまから箱根登山鉄道の車両をお譲り頂きました。 メインの未完成品に加えてのモハ1形、ピノチオ製のキット組立てのようです。早速我が家のレイアウトに入線しました。

20170522_0001_20

走らせてみると意外にパワー不足。 車内に積まれたウエイトの位置が車両中央より付随台車方向にあるため、動力台車に充分な粘着力が得られず死重になっていることが判りました。 そこで、ウエイト取り付け位置を動力台車側に移設して解決。

20170522_0002_20

何とか、勾配がきつい当社の登山線レイアウトで走れるようになりました。

よく見ればこの106、台車はブリルだし側扉は木製時代の姿なので、上の写真のようにアレグラやベルニナと顔合わせするのはおかしいですが、そこが模型の世界ということで、全てよしです。

2017年5月25日 (木)

グランシップ トレインフェスタ 2017

初夏の好天に恵まれた5月20日(土)~21日(日)、恒例となった静岡での大イベントに、今年も参加して来ました。 会場は東静岡駅前に建つこの大きな建物です。

20170521_0005_

手前の芝生広場ではライブスチームとバッテリー電車が、来場者を乗せて走ります。 営業(?)前の調整が続いています。

20170521_0015_

今年の登場車両は ① C58 138。

20170521_0014_c58

② C12 8、①との重連です。

20170521_0017_c128

③ ナンバープレートがグリーンの C12 254。

20170521_0019_c12254

④ 詳しい形式は知りませんが山岳路線に強いシェイ。

20170521_0018_


⑤ そして電車ファンにはもっとも魅かれたデト。 京急のデトのようです。

20170521_0020_

小生らのグループは屋内大ホールの中央壁面側で、16番ゲージモジュールレイアウトを展開します。 地元静岡鉄道に登場したA3000形の最新・パッションレッド編成を登場させました。

20170520_0005_20




実車未登場のフレッシュグリーン編成とともに、来場者の目を引いていました。

20170520_0007_


この地では認知されていないであろう、ジェントリーピンクの新京成N800形も走らせました。 

20170520_0013_20

流し撮りにも挑戦してみましたが、なかなかうまく撮れません。

20170520_0016_

OER3001氏が参加するイベントです。 小田急も登場させなければなりません。 今回は1910形のロマンスカーをさりげなく。

20170521_0009_20

さらに、天賞堂のEB10車体を利用してブリル台車を履かせたフリー機ED201、しるねこさん製作のレサ編成を牽かせてみました。

20170520_0020_20ed201

結構調子よく走り回ります。

20170520_0025_20ed201


そのしるねこさん製作の工場モジュール前を通過する姿、結構似合いませんか? 

20170520_0031_20ed201


そこで、公開時間終了後には、この工場前での撮影タイムとなりました。 HA氏製作の12系を並べればまさに鶴見線の雰囲気です。

20170520_0034_20

2日間の公開とは言え、出展するOER3001氏らも充分楽しんだものとなりました。 

2017年5月24日 (水)

「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-3-

磐梯町-東長原間で「フルーティアふくしま3号」を撮影した後は、1968(昭和43)年に会社倒産により休止され、翌年廃止となった旧・沼尻鉄道の保存車両を見に「猪苗代緑の村」に向います。

20170514_0033_20

駐車場から一段高くなった場所に、ディーゼル機関車が2両の客車を牽いて保存され、沼尻鉄道の歴史が記されています。

20170514_0043


先頭の機関車はDC12形の1号車。 蒸気機関車のようにサイドロッドで3軸を駆動します。

20170514_0034_20_3

砲金製の社紋と形式が綺麗な姿を保っています。

20170514_0036_20_2


製造は1953(昭和28)年、福島県内の協三工業によるものです。

20170514_0035_20

この機関車に繋げられた客車、車内に入ることができます。 綺麗に保たれていて今から発車すると言われても違和感がないほどです。

20170514_0038_20


その客車には2両ともボサハ12と書かれていますが、手前の車両は本来ボサハ13だということです。 理解していなかった職人さんが2両とも同じ車号を書いてしまったようです。

1928()丸山車輌製の木造ボギー客車が前身で、栗原鉄道から1956年に譲受したものだとか。 全長8,738mm、全幅2,100mm、全高2,845mm、自重3.8t、定員50名、座席定員30名。

20170514_0041_


台車は軽便鉄道の標準的なもの。 

20170514_0040_


所謂朝顔形連結器でしっかりと連結されて、

20170514_0042_20


屋根の掛けられたプラットホームに止められていました。

20170514_0039_


ただ、沼尻鉄道の駅ではプラットホームが設けれれておらず、ステップを介して乗降していたようです。

軽便鉄道がまだ営業していた時代にはあまり興味がなかったのですが、こうして保存車両を見ると復活させて欲しくなります。

2017年5月23日 (火)

「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-2-

熱塩駅の後は、蒸気機関車がお好きな‘きぬやまスカンク’さんのクルマは磐越西線を目指します。 C57の‘ばんえつ物語’の喜多方駅発車が15:51ということで、喜多方西方に向います。 

OER3001氏は荷物を手軽にするため、今回は一眼レフを持って来なかったので、コンパクトデジタルカメラしかありません。 連写ができないので一発勝負。 この日は磐梯山が雲隠れしているのでこのアングルにしました。 気動車で位置決めをしておきます。 

20170514_0023_


この気動車が行った後しばらくして、気動車と交換して喜多方駅を発車する蒸機の汽笛が聞こえます。 20倍ズームで、濁川の橋梁に差し掛かる姿が確認できます。

20170514_0024_20

調子に乗ってさらにズーミング。 コンデジのズームもバカにできませんが、三脚ではなく手持ちなのでご覧のようにナナメに。

20170514_0025_20


これを撮って本番に備えます。 煙が高く上がることを前提に、青空多くしたアングルで接近を待って一発!

20170514_0028_20

登り勾配でもなかなかの速度で通過して行きました。

さらに、「フルーティアふくしま」も撮ることにして、磐梯町方面に向かいます。 時間的に間に合わなかったので、会津若松に向って勾配を駆け下りて行く「フルーティアふくしま3号」を一枚。

20170514_0030_20

充分楽しむことができました。

2017年5月22日 (月)

「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-1-

「はつかりクラブ山形運転会」に参加しての帰り道、またまた‘きぬやまスカンク’さんのご厚意に甘えて、郡山まで寄り道しながら送って頂きました。 日中線記念館、保存されている旧国鉄日中線熱塩駅です。

この画像は2年前の2015年7月に訪れた際の画像です。 2度目の訪問だと撮影にも熱が入らず、このアングルを失念してしまいました。

20150712_1026_20


同じく下の画像も2015年7月の撮影です。

20150712_1027_20

今回はこの右手の広場に、水彩画を描くグループがいらっしゃいました。 その方々を避けて撮ったのが以下の画像ですが、ラッセル車キ100(287)は再塗装されたように綺麗な姿でした。

20170514_0015_20

前回の訪問時には気にならなかったのですが、ボンネット(と言うのでしょうか?)上の滑り止め風のものが気になります。 現役時代に有ったものでしょうか?

20170514_0016_20

客車オハフ612752も綺麗に保たれていました。

20170514_0011_20

デッキにあるスイッチをONにすると、車内灯が点灯し、現役時の音が流れます。 丸型蛍光灯も懐かしいです。

20170514_0014_20

このあとさらに、保存されているものを観に行きました。

2017年5月18日 (木)

「はつかりクラブ山形運転会」への道

「はつかりクラブ山形運転会」の会場、山形県東村山郡中山町いずみのひまわり温泉 ゆ・ら・ら」への往路は、50年来の友人‘きぬやまスカンク’さんのクルマに郡山から乗せてもらいました。

生憎の雨でしたが、途中の山形県東置賜郡高畠町で、旧・山形交通高畠駅に寄りました。

20170513_0023_

立派な石積みの駅舎、風格があります。 この地域の名産、高畠石を使って建築登録有形文化財なのです。

20170513_0075_

駅舎の奥にはプラットホームと線路跡。線路跡は芝生広場になっています。

20170513_0024_

この一帯は「まほろばの緑道」として整備されています。

20170513_0074_

保存されている車両に近付いてみます。 先ずはモハ1。 Wikipediaには次のように紹介されています。

電化の際に導入したオリジナルの小型車。日本車輌製造にてデハニ1として製造され、1959年西武所沢車両工場で車両更新を受けモハ1となった。

20170513_0028_1

その隣には有蓋貨車ワム201。 これについてWikipediaにも紹介されていないので詳しくはわかりませんが、2段リンク式で国鉄ワム90000形に似ています。

20170513_0064_201

その先には電気機関車ED1が。 山形交通前身の高畠鉄道が1929年電化時に川崎車輌で製造したものだそうです。

20170513_0029_1

これらの3両が連結されてプラットホームに止められ、雨避けの屋根が設けられています。 この屋根が無ければもっと良いのですが、より長期の保存に耐えるためには仕方ありません。

20170513_0032_2

雨降れど新緑が眩しい季節。 満開のつつじも鮮やかでした。

20170513_0030_

山形交通高畠線、1974年の全廃前に訪れなかったことが悔やまれます。

2017年5月15日 (月)

左沢線キハ101走る

はつかりクラブの山形運転会にお招きいただきました。 会場は山形県東村山郡中山町いずみ1番地にあるひまわり温泉 ゆ・ら・ら」。 JR左沢線の最上川橋梁の手前に隣接します。 これまで3度お邪魔していることから、今回はペーパー自作した左沢線のキハ101系を持っての参加です。

会場(1階・会議室)のレイアウトで早速走らせて頂きます。 窓の向こうには左沢線が走ります。 

20170513_0089_

列車本数は多くないローカル線ですが、タイミングが合わせられればこのように模型とのツーショットが可能です。

20170513_0100_
山形在住のF本さん製作のレイアウトは4列車を同時に走らせられるもので、その中にTOMIXのNゲージ用踏切を加工して16番用踏切がセットされています。 

20170513_0101_
Nゲージ線路から切り出した接点を、16番の線路にセットしています。 単線にセットしたので両方向の走行に対応できるように、踏切前後に4か所の接点が設けられています。


20170513_0103_
その踏切を通過するキハ101が良い感じです。

20170513_0088_
正確に、列車接近を検知して警報が鳴動開始、そして遮断機が下がります。 列車が通過すると遮断機が上がります。

20170513_0092_2
実に良い感じで見ていて飽きません。

20170513_0097_3
列車は新幹線を横目にカーブを走り、

20170513_0090_
多くの参加車両が並ぶヤード横を快調に走ってくれました。

20170513_0095_

が、しかし・・・、やっぱり本物の左沢線と並べたい!

ということで、2階客室の窓辺にセットして本物の通過を待ちました。 逆光になるのでどうしても模型が暗くなりますが、室内にあった化粧鏡で室内灯の光を反射させて実車通過を待ちました。 で、やっと、斯様なツーショットを収めることができました。

20170513_0104_

翌朝6時10分、最上川橋梁を山形行き一番列車が渡って来ました。 これを見送り安心して朝食後、二日目の運転を楽しみました。
20170514_0003_

はつかりクラブの皆さま、今回も2日間にわたり大変ありがとうございました。

2017年5月10日 (水)

可動式渡り板

斯様なタイトルは些か妙ですよね。

そもそも貫通路の渡り板は、適度な上下動が無ければその機能が果たせません。 しかし模型の世界ではほとんどが上下動の無いもの。 実物に比べて遥かに急な曲線で走らせることから、連結面間隔をスケールどおりにするには無理がありますから仕方のないことです。

しかし、先頭車どうしを連結する際には、運転時の安定性を確保するために上下動がある方が安心です。 そこで、斯様な方法で作ります。

  1. 所定寸法に切り出した台形状の網目板、根本部分を0.5㎜程度ヤスります。
  2. そこに内径0.4㎜、外径0.6㎜の精密パイプをハンダ付け。
  3. パイプに0.3㎜線を通してコ状に折り曲げます。

Img_0060_20
これを4組作り、4両の先頭部に差し込みます。 渡り板が下がらないようにするストッパーを下方に取り付けます。

Img_0061_20
すると、連結するとこのように。 下の例では左方の渡り板が右方車両に乗るカタチになりました。

Img_0063_20
実際に走行している時の上下動は、車両を追いかけて確認するのは難しいかもしれませんが、せめて自己満足。 

あっ、この画像見て気づきました。「左の車両、まだステップを付けていなかった!」

2017年5月 7日 (日)

湘南鉄道模型クラブ運転会へ

ゴールデンウィークの一日、湘南鉄道模型クラブさまからのご招待に甘え、藤沢市内で開催された運転会に参加して来ました。

折角、藤沢まで行くのだから、ちょっと寄り道して、龍口寺前で江ノ電を。 腰越からの併用軌道を、305が向って来ました。 

20170503_0019_20

同じ300形で既に廃車となった303はカットされ、前面が江ノ島駅の待合室内に保存されています。

20170503_0025_20

龍口寺前で江ノ電を撮ったのは、「江ノ電もなか」で有名な創業天保年間という長い歴史を持つ老舗の和菓子屋「扇屋」さんに寄るためでした。 運転会に参加するにはお土産が必要です。 今回は「扇屋」の柏餅を持っての参加とした次第です。

Omiseview
                                                       (画像は扇屋さんのHPより)

鉄道模型界の大御所たちが大勢集まるその運転会に、今回OER3001氏が持ち込んだのは・・・ 秋田のしるねこさんがご参加されるとのことでしたので自由形としました。

20170503_0035_20
機関車は半世紀前の鉄道模型社製ED58で、最近レストアしたものです。 それにペーパー自作の10系軽量客車のショーティーを繋げて。

20170503_0036_20
広いレイアウトでは短い列車ですが、電球色LEDの前照灯で目立ちます。 フル編成の東海型や修学旅行電車が並んだ脇を駆けて行きます。

20170503_0037_20

対面のプラットホームにも停車せずに駆けまくります。

20170503_0038_20_2

ちょっとズームして、真横も流してみました。
20170503_0039_20

しるねこさんのお目にも止まったようで満足でした。

湘南鉄道模型クラブのみなさま、楽しいひと時、大変ありがとうございました。

2017年5月 4日 (木)

みどりの日

           「みどりの日」ということで相応しい画像を。

Photo_3
京王帝都電鉄のグリーンの車両と、静岡鉄道の新鋭A3000形の計画色。静岡鉄道A3000形は、2週間後に迫った「グランシップトレインフェスタ2017」では、1階大ホール・海で走行します。https://www.granship.or.jp/event/detail/1726

京王帝都の3車種は、奥から井の頭線1700形、1400形、京王線2010系。

20170504_0058_20

1700形は戦時中の1946年に登場した車両。 当時の東京急行電鉄が東横線に投入する計画で製造が進められていたものが急遽、井の頭線に投入されることなったもの。

20170504_0050_20

1400形は1933年、帝都電鉄が開業時に用意したモハ100形が前身。 側窓が大きく明るい印象の車両。 これらの井の頭線車両は2011年に製作、もちろんペーパー自作です。

一方、京王線の2010系は2015年にペーパー自作したもので、製作年と車番が同じ「2015」となりました。

20170504_0051_20

実物は今、多摩動物公園駅隣接の「京王れーるランド」に保存展示されています。 自宅周りの鮮やかな新緑を背景に、緑色の電車を並べて見たくなりました。

2017年5月 1日 (月)

皐月

爽やかな風が頬を撫でて行きます。

新緑が眩しい光を浴びに「今日ロマンスカーで」。

20170423_0023_20_3

コマーシャルのような写真、先日ちょっとした空き時間に撮影することができました。 展望席の乗客も心ウキウキ、展望動画を撮影していました。

2017年4月27日 (木)

MD5A台車

日光モデル製‘TR23コロ軸改造’台車です。

20170421_0001_20


この下フレームをカットし、枕ばね部分の出っ張りをカットしてしまいます。

20170421_0002_20


そこに、TR60台車から空気ばねの枕ばね部分を接着します。(ピントが甘い写真ですみません)

20170421_0003_20

すると、このようにMD5A台車風に変身しました。

20170427_0001_20

空気ばねの実用化に向けて試作が繰り返されていた頃の台車、当然1両分しか製造(改造)されていないので、日光モデルさんが製造されるわけがありませんから。

2017年4月22日 (土)

新京成大集合

習志野の新しい風 ジェントリーピンクの新京成電車競作

16806741_1876054872617448_620465267

                                                  画像:月刊とれいんWebより

「月刊とれいん」 2017.3月号に掲載された仲間との競作。 この度、その車両を持ち寄っての運転会を開催しました。 

平日の18時、メンバーが揃ったのは都内模型店のレンタルレイアウト。 運転会の前には各自、次期作品に備えてパーツ等の買い物です。 それが終わるとレンタルタイム。 今回はジェントリーピンクの4列車を同時走行させるため、16番エンドレスを4線レンタルしました。

勾配線を快調に走るN800形。

20170420_0020_n800

同じく勾配線を快調に走る8900形とすれ違います。
20170420_0021_n800

平坦線には8800形(手前)と8000形(奥)が走ります。
20170420_0022_4

たまたま居合せた友人のM川さんも、付き合って頂き記念写真を撮ってくださりました。 約2時間、大いに楽しんだ後は近くのビストロに移動、ついワインの量も進んでしまいました。 そんな間に、この様子をfb.にアップしたら、なんとH崎さんから下の写真を頂きました。

Photo

実物も漸く8000形のジェントルピンク編成が登場し、模型先行の姿が実現したようです。

2017年4月21日 (金)

ダイヤ改正前日

2017年4月20日、仲間との例会前に立ち寄った北千住の模型店。 

模型店で待ち合わせた東武ファンの友人から、この日をもって浅草には来なくなる列車が間もなく通ると聞き、早速踏切へ。 

先客は1名、後からもう1名。 友人とOER3001氏の目前に、16:50定刻にやって来ました。

20170420_0017_20


そしてゆっくり、踏切を通過して行きます。

20170420_0018_20


好きな車両のひとつだった6050系、この日は先頭2両は東武車、3、4両目が会津車、5、6両目が野岩車というのが出来過ぎな感じです。

思いがけない遭遇でした。 コンデジは常時持ち歩くものですね。

20161006_0009_20

OER3001氏製作の会津+野岩編成は健在で、これからも活躍します。

2017年4月19日 (水)

コツコツと

なかなかつらい作業が淡々と続き、嫌になります。

が、仕方ありません。

Img_0199_20

台形に切り出した小さな紙片を、紙帯に所定の間隔で接着します。 ただただ、淡々と。

Img_0200_20

流石に単調すぎる作業で、集中できません。

他のことをやりながら、それに飽きたらこれを数箇所やって、また他のことを。 そんなことを繰り返すしかありません。

で、斯様なものが出来上がります。

Img_0198_20

所定長さにカットして、パンタ脇のランボードがやっと2両分。

製作中の車両は、車両全長に渡るランボードが屋根に載っているので、一両当たり左右2本が必要です。 4両編成で8本。 足の数を数えれば・・・、嫌になりますので数えません。

2017年4月15日 (土)

ED100

先般のシニア運転会で、懐かしい模型を譲られました。 その昔、スケールモデルが高価で買えない少年たちが遊んだ代物です。

20170413_0003_20
パンタグラフは壊れ、汚れた車体、随分哀れな姿です。

この類を綺麗に再生させる諸氏も居られる中、鉄道模型社製ED58を再生し、15m旧フリー軽量客車を製作したhttp://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/cat24008909/index.htmlOER3001氏としても、再生プロジェクトに参加したくなりました。

しかし今は、工場がいっぱいで新規製作にかかることができません。 再生方針を考えつつ、暫く元の箱に収めることにいたします。

20170413_0002_20

この蓋を開く日が、なるべく早く来ますように。
20170413_0001_20

2017年4月12日 (水)

サクラを撮る

昨日は2月の気温とかで、冷たい雨で寒~い一日でしたが・・・明けて今日は朝から明るい太陽が!  気温も19度くらいまで上昇する暖かい日になるとの天気予報を耳にして‘OER3001氏なのだからOERを撮らないと!’ と急遽、撮影に向いました。

早速新装なったEXE-αがやって来ました。 平日だというのに、この場所でも10人弱が。

20170412_0008_20


名所と言われたこの場所ですが、「お立ち台」だった反対側はがっちり鉄柵が設けられてしまい、入ることができなくなってしまいました。 仕方ないのでこちら側を歩きます。 一生懸命幹から咲いている花に焦点を合わせて撮ってみました。

20170412_0016_20


さて次は、陸橋の上から狙います。 雲が出てきて少し暗くなりましたが、ここにも10人ほどが。 やっぱりロマンスカーにはこのカラーリングが似合います。

20170412_0023_20


同じ陸橋の反対側は、鉄製フェンスが邪魔します。 こんな時はレンズの小さなコンパクトカメラが役立ちます。 撮り鉄さんは殆ど大きなレンズを持って来られるので、このアングルは撮れないでしょうね。

20170412_0104_20


さらに先へ進んで、アングルを下げてみました。 ここには撮り鉄さんではない来客が数人いらっしゃいました。 EXEのカラーもサクラに調和します。

20170412_0027_20


そしてさらに、道路の向こう側歩道から、10人くらいの撮り鉄の頭をカットして撮れました。 やっぱりVSEはロマンスカーのフラッグシップです。

20170412_0035_20


という訳で、ロマンスカー全車種をサクラと一緒にカメラに収め、平日昼間のウォーキングを終えました。

2017年4月11日 (火)

京浜急行の記録

先日、生憎の天気でしたが、登場時の塗装に戻した800系の試乗&撮影会に参加しました。 2017年3月26日のこと。 品川から向かったのは久里浜車庫。

20170326_0036_20

真正面も。ダルマと言われる筈です。

20170326_0102_15

800系は18メートル4扉車ですが、そもそも京急の18メートル4扉車は、この前の700系から始まりました。

19670611_0056_50

同じ場所、久里浜車庫で、出来立てピカピカの700系を撮影しています。 この日も品川から試乗してここへ。 ちょうど半世紀、50年前の1967年6月11日のことでした。

19670611_0069_40

ダルマではない正面も。

700系と800系、どちらも環境変化もさほど無い同じ場所で撮影できていることに感謝です。 京浜急行電鉄さまのご厚意で、素晴らしい趣味の時間を持てたことに感謝です。

2017年4月 8日 (土)

運転会でHB車を

某模型店2階のレイアウトを借用してのシニアが集う運転会。 久しぶりにHB車の登場となりました。 

先ずは1200形先頭の3両編成。 新宿~江の島の各駅停車運用などに良く入っていました。

Img_0027_20
これに、1,500㎜幅両開き2扉、両運転台の1300形を増結しての朝のラッシュ対応。

Img_0010_20_2
吊り掛け式の4M1T列車は重厚な音を立てて走りました。 模型でもパンタの付いた電動車には全て、カワイのL-3型モーターとインサイドギアという動力装置を備え、重厚な音を立てて走ります。

Img_0016_20

鉄橋に差し掛からる光景、昭和の懐かしい時代を思い出します。

Img_0018_20

これらの模型、デハ1300形は1967(昭和42)年、他の3両は1981(昭和56)年の製作。50年前と35年前の作品と言うことになります。

地味な電車ですが、開通から90周年を迎えた小田急の立役者たち。 今見ると何かと気にくわぬ箇所が! 年内は余裕はありませんが、改めて再製作したくなります。

2017年4月 6日 (木)

新宿駅1969

突然ですが・・・

斯様な1枚を。

甲州街道の陸橋上から捉えた夜の新宿駅、1969年2月16日撮影のようです。 今この場所は南口‘バスタ’になっている辺りでしょうか。 撮影データを記録していませんでしたが、雪が降る中で、三脚を据えて長時間露光をしていました。

19690216_0004_50_2


停車している機関車はEF13ですね。 

流れる光跡は山手線(やまてせん)内回り103系と、中央各駅停車の上り101系の尾灯のようです。 

斯様な写真、今までプリントしていませんでしたが、ネガフィルムをスキャニングしたら思いがけない1枚に出会います。

«「リゾートしらかみ」に乗る―2 半世紀前の思い出

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ