« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

下北沢③


下北沢の新駅は上下2層構造で、下層がシールド工法による急行線。上層が開削工法による緩行線だそうです。工事順番の関係から、シールド工法の急行線が先に使用開始となるそうです。

上り列車は、梅ヶ丘から勾配を駆け上がり、環七をオーバークロスして世田谷代田駅に達します。

20130223_0067_20

上り列車の進行左側(山側)の用地は工事真直中。
20130223_0072_20

ここからシールド工法工事区間なのですね。

20130223_0060_20

上り線(左)に「シールド区間開始」の表示が見えます。

20130223_0076_20_2

ここ「下北沢3号踏切」とその先「下北沢2号踏切」、朝のラッシュタイムは相当時間閉鎖状態だと思いますが、それが解消されるのですね。それは歓迎されることですが、電車好きには踏切で通り過ぎる電車を眺められる楽しみが無くなります。

2013年2月25日 (月)

下北沢②

井の頭線下北沢駅。

20130223_0004_20

5両編成がぎりぎり停車できる島式のホーム。渋谷方のホームの先は小田急を跨ぐガーター橋。吉祥寺方は踏切。小田急線の複々線化工事の進捗に伴い、井の頭線の駅も改造されることになっています。

20130223_0015_20

小田急、京王、両者の名前を併記した「駅名」。(これは南口ですが北口も同様)帝都電鉄が小田急資本で開業したことの証のようです。

2013年2月24日 (日)

下北沢

さようなら、下北沢駅

って、別に廃線になるわけではありません。複々線化工事の進捗によって、3月23日から地下化されることが発表されました。

1927(昭和2)年開通の小田原急行鉄道が開通とともに開設しました。開通時は島式ホームだったようですが、OER3001氏としては物心ついたときには既に上りホームが設置されていました。上下線とも山側開扉という珍しいホーム配置が続いています。

1933(昭和8)年に帝都電鉄が小田急を跨いで島式ホームを設置。以来、改札口を通ることなく乗り換え可能の構造が続きました。

青春の思い出もある現・下北沢駅、記録を残そうと撮影して来ました。

20130223_0021_20

新宿方、東北沢6号踏切。ちょうど上り快速急行の‘FトレインⅡ’が発車して行きます。

20130223_0055_20

新宿から、今度は急行相模大野行となって折り返して来た‘FトレインⅡ’を、上りホームの先端から撮ります。東北沢からの下り勾配を駆け下りてくる列車も見納めです。

20130223_0082_20

小田急線の頭上を、井の頭線が跨ぎますが、なかなか両者の顔を撮ることができません。おまけにこの場所は、防護ネットが邪魔で・・・。

2013年2月23日 (土)

みどりの電車

「みどりの山手線50周年」として、全身緑色になった山手線が話題です。http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-8fa3.html

そこに最近、S社が○の中に茶という文字を入れたお茶のロゴマークを追加しました。私としてはJR東日本にあまり良い気持ちを抱けません。「みどりの山手線50周年」ではなかったのか!

昭和の時代、みどりの電車は山手線だけではありませんでした。

198005042013_15

京王帝都電鉄、今の京王電鉄もみどり色でした。写真は1980年5月、京王相模原線は若葉台~京王永山間にて。

2013年2月18日 (月)

東横線渋谷駅

郊外電車のターミナル駅として誕生した東横線渋谷駅。3月16日からの東京メトロ副都心線との相互直通運転開始に伴って姿を消してしまいます。

20110716_0001_35

改札口から1番線から4番線がずらり並ぶ光景が見渡せます。まさに始発駅です。改札口を入ると…

20110716_0004_35

屋根を支える柱がありません! 無いというのは嘘になりますが、この広さなのに気にならない本数です。真正面に案内表示があり、判りやすいです。

20110716_0003_35

1番左が1番線。独特なデザインの側壁が印象に残ります。

20110716_0016_35_2

次駅は「代官山」です。

20110716_0013_35

代官山は通過する「特急・元町中華街行」が、かっこいい車掌さんを乗せて発車して行きました。

後ろを振り返るとそこには車止め。この渋谷駅が起点であり終端であることが再確認できます。

20110716_0015_35_2

・・・3月15日までの光景なのですね。

2013年2月17日 (日)

1か月後には見られない!

確かに、東京メトロ副都心線を介して、埼玉と横浜がつながることは悪いことではありません。

でも・・・

「郊外電車」と言われた東京横浜電鉄、今の東急東横線のターミナルが消滅してしまうのは寂しい気がします。

また、私鉄と地下鉄の相互直通運転は、都営地下鉄1号線(現浅草線)とともに、営団(現東京メトロ)日比谷線は1964年から始まりました。相互直通運転という歴史を切り拓いた日比谷線が、副都心線直通と引き換えに、もう、東横線に乗り入れなくなるのです。

20130202_0001_30

先日、武蔵小山駅で待っていたら来た電車、日比谷線からの直通・菊名行。この光景も過去のものになってしまうのですね。

2013年2月16日 (土)

あと1か月

「2013.3.16 渋谷、つながる」と、東京メトロ副都心線が東横線がつながります。

何かと良さそうな感じもしますが、一方で特徴的な東横線渋谷駅が姿を消すのも寂しい気がするのは年寄? 中目黒での日比谷線直通も終わります。車体全長20メートル4扉規格の副都心線との直通になり、18メートル3扉車は、ホームドア対応が難しいことから嫌われてしまったのか、これも寂しく思います。

20130210_0015_30

北千住駅を発車しようとしている東急の乗り入れ車による中目黒行。この姿もあと1か月なのですね。この1000系車両も、東横線から姿を消してしまうのでしょうね。

2013年2月15日 (金)

東武鉄道ED5015

前回ご紹介の「磁気吹消形直流避雷器」を付けた電気機関車です。

東京スカイツリーで賑わいを呈している伊勢崎線(東武スカイツリーライン)東向島駅にある「東武博物館」に、綺麗な姿で保存されているのは嬉しいことです。

20130210_0040_30

上から下から前から横から、たっぷり観察することもできました。

が、、、あらためて画像を見て何か変! 連結器横のブレーキ管のコックが開いたままではありませんか。これじゃ走れない! あっ、そうか、もともと保存で走ることないからいいか? でも、鉄道ファンとしては、コックは「閉」位置にして展示してほしいなぁ。

2013年2月14日 (木)

磁気吹消形直流避雷器

直流許容端子電圧:2000V 東京芝浦電気株式会社1976年7月製造 とあります。

これで13㎏もあると。 磁気だからわかるけど、模型のパーツからは想像できない重さです。

20130210_0032_30

20130210_0034_30

             2013.2.10 東武博物館のED5015

模型製作をする身としては、こういうのが気になるのです。

2013年2月12日 (火)

小田急開業からの電車その後③

1200形、1300形など、「HB車」と呼ばれた仲間には1400形もあります。「HB」とは手動加速、バッテリー制御を意味しますが、専門的な話故詳細は省略します。

これまでにクハ1450形を取り上げましたが、残念ながらデハ1400形の模型はこの1両だけしか制作していません。

20130203_0031_30
デハ1400形1406。引退後、経堂にあった教習所の教習車となって、解体されずに残りました。教習車といっても、運転教習で線路を走るわけではなく、車両基地の片隅に金網で閉ざされた一角に鎮座していたもので、車窓から眺めることができたものです。それまでのチョコレート色から、当時の一般車両の塗装であるオレンジイエローとダークブルーの塗装になりましたが、現役時代にこの塗装にして走っていたらとも思います。

模型は1979年の作品。当時発売されたばかりの「パワートラックWB26B」を初めて採用し、私のパワートラック試験車両となりました。屋根も含めてアイボリーペーパー製です。

2013年2月11日 (月)

小田急開業からの電車その後②

前回(2/9)ご紹介の1200形と1450形の3両編成です。

20130203_0015_30
「朝方のラッシュにはデハ1300形を増結した4両編成で近郊区間の各駅停車に活躍」と紹介しましたが、その増結に使われた1300形です。

20130203_0035_30
高校時代の1967年に、木製の屋根板と床板、白ボール紙の車体で自作しています。パンタグラフから集電できるような配線を施していて、架線集電運転を試験したこともありました。

この1300形、1959年(昭和34)にワイドな1,500㎜幅の両開側扉とアルミサッシ窓という近代的スタイルになって更新されました。4両在籍していたので、ラッシュタイムが終わると1300形だけを2~3両連結、「新聞}という前面表示を掲げ、新宿から沿線各駅売店への夕刊配送の任務にもあたっていました。

模型は古い作品なので、新たにまた、製作したくなっています。

2013年2月10日 (日)

みどりの山手線50周年

いま、山手線にみどりの電車が走っています。

と言ったって、「? 山手線は緑色だろ!」と思います。

いやいや、そうなんですが、ステンレス製の銀色車体に緑色の帯を巻いた姿が通常ですが、ステンレスの地色を全て緑色のラッピングフィルムで覆った、全身緑色の電車が1編成だけ走っています。

JRは、その運行時刻を事前に案内してくれないので、遭遇するチャンスは極めて少ない。

ところが! 昨日は偶然にも2度、乗車することができました。 1回目は鶯谷から日暮里までの一駅だけ。 2度目は日暮里から新宿まで。 新宿で降りて記念に1枚、夜も遅かったですが乗降客が居なくなったところを狙うことができました。

20130209_0023_30

で、この後さらに、イチかバチか間に合うか???と思いながら向こう側のホームまでダッシュ! 一応綺麗な姿を収めることができました。 ラッキー!

20130209_0027_30
コンパクトカメラでも比較的綺麗に撮れたと思います。常時携帯していて良かったです。

2013年2月 9日 (土)

小田急開業からの電車その後

1927(昭和2)年、新宿~小田原間82.8㎞の小田急線開業時に用意された、長距離用の2扉クロスシートのモハニ101型12両のことを前回ご紹介しました。

第二次世界大戦時に、東横や京浜、その後に京王も加わった東京急行電鉄となり、戦後の1947(昭和23)年になって現在の小田急電鉄となりますが、その間に何度か改番され、最終的にはデハ1200形となりました。

1955(昭和30)年頃から車体更新を受けた姿です。

20130203_0013_30
丸味を帯びた顔は平面に、丸窓も無くなり、ロングシートに改造されてしまいました。

20130203_0015_30_2

この編成は1211(新宿向)+1212(小田原向)を背中合わせに連結、その小田原方にクハ1450形1462を連結した3両編成。1960年代後半まで活躍しました。

下の写真はクハ1450形が先頭です。

20130203_0016_30_2
この3両編成、小生が小学生の頃、朝方のラッシュにはデハ1300形を増結した4両編成で、近郊区間の各駅停車に活躍、日中は3両編成で「準急・片瀬江の島行」などに使われていたことを思い出します。

模型は1980年12月から1981年1月に完成したもの。動力はL-3モーターと17:2ウォームギア減速、インサイドギアで、デハ各車に搭載しています。もちろんペーパー車体です。この当時、車体のレタリングは製図用の丸ペンとエナメル系塗料による手書きでした。

2013年2月 3日 (日)

小田急線開業の頃

小田急の歴史は1927(昭和2)年、新宿~小田原間82.8㎞の開業に始まります。

その時に用意された車両が、この長距離用の2扉クロスシートのモハニ101型12両と、近郊区間用3扉ロングシートのモハ1形18両、合計30両でした。

20130203_0004_30_2
模型はいつものようにアイボリーペーパーで自作、1995年に完成させました。

20130203_0003_30_3

精悍な面構えをした電車だと思いませんか?

トイレも備えられていて、そこの窓はいわゆる「丸窓」でした。

20130203_0006_30
多分、ダイヤカットの硝子が使われていた可能性もあり、模型ではエンビ板の裏面を目の粗いサンドペーパーで傷をつけて表現しました。

20130203_0010_30
ロマンスカーもスマートな白いVSEや、青いMSEになり、10両編成が行きかう小田急線。複々線化工事の進捗に伴い、3月23日から下北沢付近も地下化になると発表されました。http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7896_5372651_.pdf 

開業の頃はこのモハニ101形が、1~2両でのんびり走っていたなんて! 信じられないですね。

2013年2月 1日 (金)

京王帝都井の頭線-2

2011年に完成させてすぐ、縁あって「こてはし鉄道」へ乗り入れる機会を拝受しました。それはそれは羨ましいくらい広大なレイアウトです。4両編成なんて、ちっぽけに見えるかなと思いながら・・・ゆっくり引き上げ線に入線です。

20110514_0026_35_2

その見慣れない車両に、お父さんに肩車された坊やが手を振って迎えてくれました。すぐ右手のアイスキャンデー売りのおじさんには目も触れない、電車好きの子でした。

20110514_0033_35
出庫の時間が来て本線へ。中央駅ホームに滑り込む姿は、昭和30年代の小田急線下北沢駅ホームから見上げた光景が蘇ります。

20110514_0036_35
その小田急下北沢駅も、代々木上原~梅ヶ丘間の複々線化工事進捗によって、3月23日から地下化されると昨日発表になりました。ホームドアが整備されつつある現代では、こんな長閑な光景はますます見られなくなってしまいます。

こてはし鉄道様、乗り入れさせて頂きましてありがとうございました。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ