« 凸型電気機関車(その3) | トップページ | ED1010形に牽かれる車両①トフ100形 »

2013年3月23日 (土)

凸型電気機関車(その4)

小田急ED1010形です。

1927(昭和2)年の小田急開業時に、川崎造船所の製造により2両用意されたデキ1形。戦時中のいわゆる大東急合併による改番でデキ1010となりましたが、車体表記はED1010でした。

20130317_0005_30

安達製作所製真鍮キットを組んで、1985年に完成させています。

製作時期には実車も現存していましたので、その時の姿で完成させています。即ち、新宿方のパンタグラフはPT43、小田原方には空間波無線アンテナが付いた姿です。

20130317_0006_30
代々木上原と東北沢の間、海側にあった東京コンクリートの工場に、砂利を輸送するためにトムとトフを繋いだ通称「砂利電」や、夜間の線路保守にホキ300を牽いて活躍しました。

20130317_0008_30
日本車輛(名古屋)や川崎重工(神戸)、東急車輛(逗子)などで製造される小田急の新車搬入(小田原→相模大野)にも活躍していました。2両の内1両は1968年に廃車となり、向ケ丘遊園地内に保存されていたのですが・・・。

« 凸型電気機関車(その3) | トップページ | ED1010形に牽かれる車両①トフ100形 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/56973093

この記事へのトラックバック一覧です: 凸型電気機関車(その4):

« 凸型電気機関車(その3) | トップページ | ED1010形に牽かれる車両①トフ100形 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ