« 東京駅一望 | トップページ | ある日の光景 »

2013年3月27日 (水)

京王線多摩川橋梁の変化

3月19日付けの当欄で、中河原~聖蹟桜ヶ丘間の橋梁、架線柱に変化がと報告しました。

変化は今に始まったことではないことが、手持ちの写真を見ていて発見した次第です。

1976年6月、川上の桜ヶ丘方から撮影の写真、デハ2056を最後部にした京王八王子発新宿行各駅停車です。

1976062056_15


2013年3月、川下の桜ヶ丘方から撮影の写真、クハ9787を先頭にした・・・デジカメ撮影でかつ、LED表示の文字では解読不能です。

20130316_0005_15

左右の背の高い高圧線を支えていた柱は切られていました。そして、ビーム柱になるようです。

グリーンの17メートル級6両編成が走っていた時代から、今やステンレスの20メートル車10両編成が頻繁に往来する京王線の変化は、改めて凄いと思います。

« 東京駅一望 | トップページ | ある日の光景 »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57026620

この記事へのトラックバック一覧です: 京王線多摩川橋梁の変化:

« 東京駅一望 | トップページ | ある日の光景 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ