« 静岡県の鉄道・・・その15 | トップページ | 静岡県の鉄道・・・その17 »

2013年5月 8日 (水)

静岡県の鉄道・・・その16

最後は「ロイヤルボックス」サロ1801の伊東方に連結されていた両運転台車クモハ103です。

20130429_0045_30
伊東方にパンタグラフが載り、精悍な顔つきです。スカートはこちらの顔にだけ装備されていて、下田方にはありません。そのスカートもペーパーで作りました。ペーパー製でも整形後に瞬間接着剤を塗っているためがっちりしています。

最大の難題は屋根上でした。

20130429_0046_30
乗務員室への風洞なのでしょうか、パンタグラフ後部の送風器から長い管が屋根を這っています。

20130429_0047_30
そしてその上をパンタ引き込み線が越えています。この複雑な構造、伊豆高原車庫で何度も観察したものです。 風洞の材料にはなんと、ぺろぺろキャンデーの芯を利用しています。もちろん良く洗浄して乾燥させて。

20130429_0048_30
クモハ103のクーラーは3台。

20130429_0049_30
そしてベンチレーターの間には送風器のようなものがあります。

改造費用を抑制するために家庭用のクーラーなどを使ったと言われていますが、模型製作では大いに大変でした。

« 静岡県の鉄道・・・その15 | トップページ | 静岡県の鉄道・・・その17 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57272997

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の鉄道・・・その16:

« 静岡県の鉄道・・・その15 | トップページ | 静岡県の鉄道・・・その17 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ