« 東京モノレール50周年 | トップページ | 鉄道博物館(17) »

2013年6月20日 (木)

鉄道博物館(16)

碓氷峠の力持ち・・・その1:ED42

北陸新幹線(長野新幹線の延長)が、長野以西はJR西日本の乗務員が乗務することになったとニュースが流れました。

今の「あさま」しか知らない世代も増えつつある中、「碓氷峠」の知名度も低下しているのでしょうか?

OER3001氏の小学生時代は、日本一ながいトンネルとか、日本で一番標高の高い線路とかに交じって、日本一の勾配として「碓氷峠」は有名でした。

そこで活躍するのがアプト式機関車のED42でした。

20130601_0049_20ed42
小学生のOER3001氏は、ラックレールの当時の線路横を歩くことはなかったですが、この展示模型を交通博物館で見て、ラックレールとはどんなものなのかを知ることができました。

そのラックレール、今でも横川駅周辺で排水路のカバーに使われていたり、柵に活用されていたりしまうが、それらを観察すると、ギアが噛み合っていたところが摩耗していて、興味深く見入ってしまいます。

« 東京モノレール50周年 | トップページ | 鉄道博物館(17) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

碓氷のラックレールなら、コンテツがどこかの即売でひっかけてきたのが、奴の部屋に転がっています。

工房5丁目さま
なんですと? コンテツさまがどこかの即売でひっかけてきた・・・? んじゃ、彼の部屋までは階段はずしてそれを使ってもらいましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57620021

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館(16):

« 東京モノレール50周年 | トップページ | 鉄道博物館(17) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ