« 鉄道博物館(10) | トップページ | 鉄道博物館(12) »

2013年6月12日 (水)

鉄道博物館(11)

マイテ39

昭和初期の時代、豪華絢爛というとこういう感じになるのでしょうか?

20130601_0008_20
このような室内装飾、なんという方式だったのか?桃山ですか?それとも・・・?

確かに手が込んでいますが、OER3001氏は、今斯様な車両が来ても、物珍しささえありますが、乗車意欲はあまり湧いて来ませんね。

そうだ! 思い出しました。 どこか斎場の、棺に最後の別れをする場所に似ているような気がして・・・。 そう言えば宮型霊柩車の感じにも通じるような・・・

なんて言ってはいけないでしょうか?

20130601_0010_20

でも、昭和初期の最上級車両だったことは事実です。特急「富士」の最後部を飾った展望客車。 もしも、これが「ばんえつ物語」の最後尾に連結されたら・・・ 

いや、考えたくありません。その時代ならではのデザインなのですね。

« 鉄道博物館(10) | トップページ | 鉄道博物館(12) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

マイテは車内公開されていたのですが?
行けなかったことに尚一層悔やまれます。

 この内装は、外国観光客には評判だったようですが、日本人には、霊きゅう車の様で不評だったそうです。感じることは今も昔も同じようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57566222

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館(11):

« 鉄道博物館(10) | トップページ | 鉄道博物館(12) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ