« 鉄道博物館(5) | トップページ | 鉄道博物館(7) »

2013年6月 7日 (金)

鉄道博物館(6)

湘南電車や横須賀線以外はぶどう色と言われるいわゆるチョコレート色の電車が幅を利かせていた時代、オレンジ1色の101系、こだま型特急電車151系や東海型153系と、華やかな塗装の新型車両が登場してくるのを、わくわくして見ていました。

そんな中、全身銀色に輝くステンレス車両の登場は、新しい時代が来たという強力なメッセージでした。

20130601_0086_20153
153系の中間に連結された銀色に輝くサロ153-900番台に出会えた時は感激でした。

20130601_0099_2035
気動車にもキハ35-900番台としてステンレス車体が登場したのですが、この実物に出会えた時は既に、輝きを失っていた時だったのが残念です。

それにしてもこれらの展示模型、コルゲートの表現をどうしたのか、製作の河合さんに伺いたかったですね~。

« 鉄道博物館(5) | トップページ | 鉄道博物館(7) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館(6):

« 鉄道博物館(5) | トップページ | 鉄道博物館(7) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ