« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

8月も終わり

近年の気候変動の影響もあって、本当に暑い夏でした。

その8月も、今日で終わり。

今頃、夏休みの宿題追い込みで、青い顔した小学生もいるのかな??

さてさて、OER3001氏の8月の最後は、夏の思い出。

実りの秋を前にして、稲穂が。 良く見れば、イナゴが止まっています。

20130825_0010_20

あっちの稲穂に、こっちの稲穂にも。

20130825_0017_20

都会で生活するOER3001氏には、久しぶりに長閑な気分になれました。

その向こうを・・・

20130825_0018_20


カシオペアが!  朝日を浴びて輝いていました。

撮影後に、足元に目をやれば・・・

20130825_0037_20


畦道には青い花。 名前は知りませんが、昔は東京でも良く見かけた夏の花です。

最近はちょっとしたことで、自然の営みの素晴らしいことに気づかされます。

2013年8月30日 (金)

0番ゲージの電車(5)

当車両の最大の見せ場、下回りです。

台車は実車とはイメージが大きく異なるDT16を使用していますが、これには深い理由があります。

20130810_0067_20この台車は、OER3001氏が小学生の頃、1台づつ買って大切に大切に保管してあったカツミ製のダイキャスト製品です。 1960年代には、台車は1両分ではなく、1台車単位で販売されていましたので、毎月のお小遣いで少しづづ買うことができました。

高校を卒業し、出会った鉄道趣味界の大御所・AKBならぬABH氏。 さまざまな面で多々ご指導いただくこととなりましたが、残念ながら既に他界されてしまいました。

そのABH氏はTDKという通称の「私鉄経営」(模型鉄道運営)をされ、TDK方式の駆動装置を考案、広めて来られました。 そのABHに、いつかはOER3001氏も0番を、との夢から、上記の台車を、他の手持ち台車と共に、TDK方式に改造してもらっていました。

20130810_0068_20
モーターはカツミ製DV18です。

20130810_0070_20
プラスチック消しゴムから切り出したブロックを挟んで、横向きに取り付けています。

20130810_0074_20
モーターからシリコンジョイント(以前はゴムでしたが劣化のためシリコンに交換)で台車に伝えます。

20130810_0075_20
センターピン部分で自在継手を介してクラウンギアで駆動軸に至る構造です。「TDK乗り越しカルダン」と名付けられた方式です。 ギア比も低いのでかなりのスピードも出せる優れものです。

20130810_0069_20
床下中央部には箱、そこに4個のスライドスイッチが取り付けられています。 ①1エンド側方向標識灯類、②2エンド側方向標識灯類、③室内灯のon-offに加え、④はスピーカー。

20130810_0072_20
そう、この箱状の床下機器は、スピーカーボックスでもあるのです。 天賞堂のEL-1を使用して、タイフォンやブレーキ音を発せることができます。 勿論お遊びでロマンスカーの電子音も。

20130810_0050_20
たった1両ですが、思い出の詰まった手作りの電車。 広~い線路で思いっきり走らせたくなりました。 関東合運の時、0番のクラブにお邪魔させて頂きましょうか。

2013年8月29日 (木)

0番ゲージの電車(4)

屋根上の部品も手作りせざるを得ません。 ベンチレーターはいわゆる湘南型と言われるタイプですが、桧材にペーパー片で作りました。

ランボードは、イラストボードと呼ばれる厚紙から切り出し、同じ材料から作った足を付けています。

20130810_0055_20

パンタグラフは、ベースとなるものを活用しました。 遠い昔に入手してあったカツミ製品のPS16。 この台枠部分をPT42同様のアングル材に変更しています。

20130810_0056_20_2

前照灯も作らなくてはなりません。

20130810_0063_20
今なら、ちょうど良いサイズの電球色LEDもありますが、この模型製作時点では米粒球を使わざるを得ませんでした。

ケース後方に電球尻部を出したくなかったため、輪切りした真鍮パイプの下方から縦に電球を入れています。 レンズはアクリル棒から整形しました。

2013年8月28日 (水)

0番ゲージの電車(3)

続いて客室内を。

20130810_0057_20
座席は桧材で形を作り、表面にはスエード状のシートを貼っています。

座席袖の金属パイプは、1㎜径の真鍮線材から。 本当はピカピカに光る材料を使いたかったのですが・・・。

20130810_0059_20
小学生の頃、良くあそこの席を陣取り、前方を注視していました。

こうして大きなサイズの模型を作ると、実車に乗っていた遠い昔のことが思い出されます。

2013年8月27日 (火)

0番ゲージの電車(2)

OER3001氏が作りなれている1/80スケールの16番ゲージではない、1/45スケールの0番ゲージ。 ほぼ倍のサイズだけに、今までできなかったことを試みたくなりました。

始めに運転台。 16番ゲージのように、パーツなどありませんので作るしかない。

先ずはマスコンとブレーキ弁。

20130810_0062_20
 

 

乗務員室扉から覗いてみました。

20130810_0051_20

 正面から。

20130810_0054_20_2

マスコンの黒い頭はビーズ。 それを適当な長さに切った1㎜角真鍮材に乗せ、桧材から作った本体に乗せて表現。

ブレーキ弁は、本体は真鍮パイプの組み合わせ。 そこに真鍮線材でハンドルを。 こうして撮影してみると、ハンドルをテーパー状に加工しなかったことが目立ちますね。 次回製作ではドリルレース加工が必要と反省材料が。

2013年8月26日 (月)

0番ゲージの電車

そもそも、鉄道模型の世界に入り込んだ小学生の頃、今から50数年前、世間は交流3線式のOゲージが主流でした。少なくとも小学生が所有する「おもちゃ」ではない「電気機関車」と言われるものは、交流3線式のOゲージを指していました。

所謂「ガラレール」と言われたブリキを曲げてレール状にし、ブリキの枕木に並べられた3本レールの上を、EF58イメージで作られたEB58などが、憧れの的でした。

当時の模型車両は今でも大切に保管していますので、いつかご紹介することにしたく思いますが・・・

大人になってから、OER3001氏が製作した唯一の直流2線式0番ゲージの模型、それがここにご紹介するチョコレート色の電車です。

20130810_0048_20

車両番号は「1611」とありますが、小田急1600形をモデルにしています。

実車の1600形は両運転台で10両が作られ、後年、クハ1650形との2両編成を組むようになり、車体更新工事で片運転台になりましたが、このモデルでは、両運転台のまま、アルミサッシの姿にしました。

そこで、実車には無い11両目の「1611」と命名。ペーパー車体ですが、16番ゲージより遥かに大きいだけに、1/80サイズとは違う製作法を取り入れて完成させた次第です。

2013年8月25日 (日)

お寺の運転会

福島県白河市にある大統寺。

住職さん鉄道が大好きな方。
だから、夏休みの近隣サービスとして鉄道模型運転会を。

JR白河駅長さんも、開通式に加わってくださりました。

Img_20130824_132030


一夜明けて今朝の本堂。この後、地元新聞でも報道されたおかげでたくさんの来場者に恵まれました。

Dsc_0044

 

2013年8月24日 (土)

特急専用1700形(3)

ヘッドマーク「特急はこね」は、復刻発売されたキーホルダーを撮影したものです。この作品製作当時は、今のようなパソコンとプリンターの時代ではなかったので、フィルムカメラで撮影。プリントしてちょうど良いサイズになるような距離で撮影するという、難儀を経ての成果です。

20130810_0038_20
車内にシートを並べたのは当然ですが、運転席もなかなか気に入っています。新宿方の1705です。マスコン、制動弁ともハンドルに色差し、メーターも白く塗ってあります。そして運転席座席も付けました。 きっと、この仕切りの後ろから、ガラスに顔付けて前方注視した子供たちも多かったことと思います。

20130810_0047_20
中間のサハ1750、中央部には本格的な喫茶カウンターが設けられ、まだ普及途上だった紅茶のシートサービスが行われました。

20130810_0043_20
カウンターは薄茶色だったようで、中央に小さなショウウインドウがありました。背面の窓はシェードが下されています。

そして車体外部には、神奈川県花の百合をデザインしたエンブレムが付けられていました。

OER3001氏は、遊び心から床下にスピーカーを付けました。

20130810_0044_20_2

台車には比較的大きな銅板で、集電効率を上げるためのブラシを付けています。

20130810_0045_20

このスピーカーから、1700形独特のダブルホーンの音色を発することも可能ですが、羽目を外してSE車のミュージックホーンを流すことも可能です。

20130810_0039_20
新宿方の1705。小田急の特急電車「ロマンスカー」の愛称は、この1700形から始まりました。

2013年8月23日 (金)

特急専用1700形(2)

1910形の後に登場したのに、形式番号が後戻りしているのは何故? という疑問を抱く人は少なくないと思います。

1900形、1910形が登場した時はまだ、東京急行の時代。今の京王井の頭線に投入した新車に1700を。1800は国鉄63形電車の割り当てに使用したので1900に。

そして1948(昭和23)年6月1日から東京急行が再編され、新しい小田急電鉄の誕生と共に、井の頭線に割り当てられて飛び番号となった1700を、この新製特急車両に割り当てたという訳。

20130810_0030_20

全長17メートル級のデハ1700形に挟まれたサハ1750形は20メートル級と、全長の異なる編成です。 それでも屋根上は1910形とは異なり、薄い湘南型タイプのベンチレーターが並ぶ、揃ったものです。

20130810_0037_20

パンタグラフはカワイモデル製PS16をベースに、台枠を前後方向向き碍子の形状に改造、上下枠のタスキを張り替えて住友タイプとしました。

20130810_0032_20

台車は日光モデル製のゲルリッツ型、本来は阪急用のものの制動筒を取り付けずに小田急のFS108に似せました。

20130810_0029_20

2013年8月22日 (木)

特急専用1700形

1910形で再開した戦後の箱根湯本行特急、乗客は順調に増加して行きました。そこで新たに座席指定制の特急専用車両を新造することとなって登場したのが1700形でした。

デハ1700-サハ1750-デハ1700の3両固定編成、乗降扉は3両編成で2箇所という、当時としては珍しい存在だったようです。

2編成が1951(昭和26)年に登場しましたが、3編成目は1952(昭和27)年、張り上げ屋根で正面スタイルを大型2枚窓として登場しました。

20130810_0026_20
この模型は1991年に製作したペーパー製です。

2013年8月21日 (水)

小湊鉄道の気動車

トトロの駅がある小湊鉄道は、都心から比較的近いながらもローカル線そのものです。

ある時、五井の車庫で、ディーゼルカー運転体験教室に参加。講習を受けたのち、構内の100メートル程を2回、運転させてもらったことがあります。 

小湊鉄道の現有車両は全てキハ200形。 14両が在籍していますが、その時運転できたのは204。

早速、その模型を製作することにしました。 同時に214も。 204はベンチレーターが他車と番うものが付いている異端児。 214は後期のユニットサッシになったバージョンです。

1308160001_20
車体はいつものようにアイボリー紙。 204(右)と214(左)とでは尾灯形状も異なっています。

1308160004_20
204(左)は、片側の肩にテーパーが付いた形状のベンチレーターを使用しています。

1308160008_20

上総中野方の正面には幌はありません。 五井方に幌が付けられ、連結すると幌もつながります。

1308160012_20
エンジンの音が聞こえて来そうな光景です。

2013年8月20日 (火)

トトロがいる駅

タイトル、うっそ! と思った方、いらっしゃいますよね? OER3001氏だって、目を疑いましたから。

でも、この無人駅のプラットホーム、上屋の壁面をよ~くご覧あれ。 なんとも微笑ましい駅。 

20130814_0097_20

とそこへ、ネコバス! じゃなかった1両の気動車キハ214が。

20130814_0103_20

上総大久保駅での一コマでした。

2013年8月19日 (月)

上総中野

千葉県夷隅郡大多喜町に、この駅はある。

五井を起点とする小湊鉄道の終端だが、なんとこの駅以外は全て市原市内!

20130814_0065_20

木彫りの立派な駅名表示板が掲げられています。 その駅舎(無人)に入ってみると・・・

な、なんという気遣い!

20130814_0066_20

大きな氷が1個、待合室というか上の写真の入り口真ん中に置いてある。

失礼ながら、何人も乗り降りしない寂れた駅なのに、こうした心遣いが何とも嬉しい。炎天下から駅舎に入って得られる涼、けれど心は温まる。

20130814_0067_20

こちら側は小湊鉄道。線路が手前まで来て車止めに。

20130814_0078_20

反対側からは、いすみ鉄道が。 

両社はここで行き止まりとなります。 なのに・・・ホームの駅名票をご覧ください。

20130814_0080_20

奥が小湊鉄道のホーム、手前がいすみ鉄道のホームのもの。 デザインは両社で違いますが、両社とも「養老渓谷←上総中野→西畑」と表示しています。

「養老渓谷」駅は小湊鉄道、「西畑」駅はいすみ鉄道。 それぞれ自社の終端駅である「上総中野」ですが、駅名票は中間駅です。

それならいっそ、直通運転したら如何でしょうかね? いすみ鉄道ホームの奥の側線、1本は小湊鉄道の線路と繋がっているのですから。

2013年8月18日 (日)

夏草や・・・

俳句ではありませんが・・・ここは鉄路です!

なのに、、、かろうじて輝きのある鉄のレールが2本見えますが、バラストなんか見えません! そこはグリーンベルトのように夏草が茂っていました。

奥右手にプラットホームが見えるのですが。

20130814_0063_20

振り返ってみても夏草に覆われた鉄路が。

20130814_0064_20

右方向にカーブしています。

制限速度標識がありますが、そもそもそんなに速度出そうにありません。

こんなローカル線、何方かジオラマ作りませんか?

2013年8月17日 (土)

真夏のある日(2)

カメラアングルを変えて、たわわな穂を付けた水田を入れて撮ることにしました。

炎天下、日蔭の無い場所で列車の到着を待つのは大変です。ダイヤを調べて、なるべく待ち時間を短縮するように心がけなければ熱中症になります。

「線路傍の水田で、60代の男性が倒れているのが発見されました。近くには三脚とカメラが・・・」なんて様になりませんから。

20130814_0052_20

しかし、それにしても良い景色ではありませんか!

小さな駅に到着しようとしているのはキハ206です。

20130814_0056_20

見てください、この稲穂! あ~飯が食いたくなった!

上総川間駅でのひと時でした。

2013年8月16日 (金)

真夏のある日

マイカーで、小湊鉄道を訪れました。

鉄道ファンがマイカーでは不謹慎? でも、沿線撮影を目的としては、列車本数の少ないローカル線では仕方ありません。

20130814_0037_20

20数年前、房総への家族旅行の途中で寄った小さな駅を再訪してみました。あの頃と変わってはいないじゃないですか!

この駅、ジオラマにするにはちょうど良い。

20130814_0045_20

やって来たのは203と213の2両編成。 水田の色に良く似合います。

2013年8月15日 (木)

小田急1910形(4)

本日は終戦記念日。平和国家を目指して日本国が始まった日であります。

憲法改正を主張する政治家が気になりますが、先ずはこうして趣味を楽しめる生活の大切さを実感しています。 連合国に押し付けられた憲法だから自分たちで改正すべきと主張する政治家がいますが、現憲法が諸国が羨む理想の憲法と言う側面も事実だと思います。

平和国家を手に入れることを夢見て、国の命令で戦地に赴き落命を余儀なくされた数多くの先人に感謝し、ご冥福をお祈り申し上げます。

さて、その戦後復興に伴い観光需要に応えるように誕生した車両、1910形の最後は、新宿方先頭車の1911です。

20130810_0017_20

これは海側(小田原に向かって左側面)。小田急線の線形は東西に走るため、実車の写真でも順光である海側からの撮影が多いです。 複線では手前に下り線を挟み、架線柱を避けての上り列車を撮影することができるからです。

20130810_0018_20
こちらが山側から。 この角度の撮影では、右側に列車を遮る支障物が少ないことが条件になります。 架線柱は必需品ですから避けることはできません。

20130810_0019_20
サハ1960形を挟んだ3両編成の上り方向の全景。当時の経堂車庫でもなかなか撮影しづらかった筈ですが、そこは模型ならではです。

2013年8月14日 (水)

小田急1910形(3)

中間車、サハ1960の台車は国鉄払い下げのTR11です。 日光モデル製品を使用しています。

20130810_0023_20

小田原方には、接客サービスのためのカウンターが設けられていたそうです。 後の「走る喫茶室」の原点だったのでしょう。

20130810_0012_20

反対側の新宿方にはトイレがありました。

20130810_0013_20

おっと、こちら側(室内から)では良くわかりませんね。でもトイレの扉も作ってあるのですが・・・。

20130810_0020_20
トイレ部分のスリガラスは、エンビ板の裏側を#400のペーパーで擦り表現しています。

2013年8月13日 (火)

小田急1910形(2)

OER3001氏は1911+1961+1912の編成を製作、1998年5月に完成しています。これは小田原方の1912。

20130810_0008_20
正面に掲げられた「特急」マークは、当時の写真を頼りにパソコンで描いたものです。この当時まだ、「はこね」や「あしがら」といった列車名は付けられていませんでした。

20130810_0015_20

パンタグラフは、カワイモデル製PS16を元に加工、横型というより前後方向向き碍子のベースに改造し、タスキを掛け替えています。

20130810_0022_20

台車はKS33E、日光モデル製品を使いました。

20130810_0021_20
車内にはカツミ製品を用いて、クロスシートと扉横のロングシートを付けました。 正直なところ、当時の座席モケットの色は判りませんが、グリーンではなかったかと想定しています。

2013年8月12日 (月)

小田急1910形

この1910形もペーパー自作です。 アイボリー紙を主材料としたペーパールーフ。 前頭部、妻板の頭部のカーブした部分も木片ブロックを使わずに、アイボリー紙を短冊形に切って曲げています。

20130810_0007_20
先頭車両のデハ1910形(実車は1911~1914の4両)は全長17メートルのいわゆる運輸省規格型ですが、中間車サハ1960形(実車は1961~1962)は戦災国電の台枠を利用しています。

20130810_0009_20
そのため全長も異なり、デハに比べて短いものとなっています。 妻板もデハの丸妻に対して平妻です。 このサハに、トイレとサービスカウンターが設けられました。

20130810_0025_20
サハ(左上)と、デハ(右下)ではベンチレーターの形状も異なります。

2013年8月11日 (日)

箱根登山鉄道への直通運転

当ブログ「OER3001氏の優雅な生活」では、ここのところ箱根登山鉄道の話題が続きました。

気づけば小田原から先、箱根湯本まで標準軌1,435㎜の内側に狭軌1,067㎜のレールを敷設して3線化、小田急の特急電車を乗り入れるようになったのは、1948(昭和23)年8月のこと。 ちょうど65年前ということになります。

小田急は、クロスシートの特急車両、1910形を用意して望みました。

20130810_0006_20
第2次世界大戦で荒廃した国土の復興を目指して、運輸省規格型として設計された1900形10両の内、4両を2扉セミクロスシート車として登場させてのが1910形です。

別に国鉄車両の台枠を流用して製造されたサハ1960形を挟んだ3両編成で、「特急」の運板を掲げて乗り入れました。

2013年8月10日 (土)

客車急行列車

OER3001氏としては何年ぶりか? 日本国有鉄道の急行用客車が完成しました。

オハ46 548 10月の合同運転会の課題完成です。

20130810_0001_20

1968年9月までの、急行「雲仙」(東京~長崎)、「西海」(東京~佐世保)を、参加者みんなで製作してつなげよう! という企画の課題。

事務局が提供してくれた資料から選択したのがこの車両。

20130810_0003_20
車体は、永年ストックしていた天賞堂製の凹んで歪んでいた真鍮ボディーが元。凹みを修正して、床板を製作し、車内を作ってみました。

床下器具は、40年来の親友S.O氏が、ストックしていたものを提供してくれました。

2013年8月 9日 (金)

旧 万世橋 駅

去る6月1日の当欄、「今は無き_交通博物館」でご紹介した旧万世橋駅。

ビアガーデン営業!というニュースをキャッチして行ってみました。

20130808_0002_20

神田川沿いのテラスがOPENしたと期待してみたものの・・・

全くがっかり!

一部だけの仮OPEN。

結局ここではビールは飲みませんでした。

20130808_0001_20

むしろ、夜になってここを訪れて気が付いたのがこれ。

1956年は東海道線全線電化完成と、刻まれていました。JR万世橋ビルのアプローチはなかなか素敵です。

2013年8月 8日 (木)

蘇った機関車(2)

カワイモデル製 「ED14」 となっているが、「ED14スタイル」と言った方が良いモデル。

パンタの碍子は今ではものすごく大きなサイズです。しかしこの材質、プラスチックではなく本物の碍子のような感じです。

20130805_0002_20
箱根登山鉄道イメージの急曲線小型レイアウトでも何とか走行可能です。ワフ1両を牽かせてみました。

ワフはホビーモデル製のプラスチックキット。室内には車掌の執務机、達磨ストーブ、ベンチなどもあるので、丁寧に室内も塗装しています。

20130805_0004_20
台車を大きく振り、ゆっくりとゆっくりと。

2013年8月 7日 (水)

蘇った機関車(1)

カワイモデル製 「ED14」 

今からおよそ50年前、中学生の時に2歳年長の従兄から譲られました。組み立て済みキットを組み立て、ラッカーを自分で刷毛塗りしてあったものでした。

その後、窓桟を一部切り取ったり、塗装を剥がし、小田急の機関車のような塗装にして数量の貨車を牽かせて遊んでいたものです。

このたび、大幅な更新工事が完了し、装い新たに復帰となりました。

20130727_0036_20_2

元々、かなりフリーにした形で、正面デッキは台車に付けるなどしてお座敷運転の小半径曲線の通過に対応していました。

モーターはL-5という5極縦型が1台搭載されています。

20130727_0032_20
ベーカーカプラーからX2-Fに取り換えていたカプラーも、台車内側にケーディーカプラー用の取り付け座を設けました。 流石に今どき、ベーカーやX2-Fでは牽かせるものがありませんから。

20130727_0034_20

車体色は当社のフリー機関車の標準色としているグリーン(湘南用)としました。 そして、パンタグラフは赤に。 ドイツ国鉄の真似です。

このパンタグラフ、PS14もどきのものですが、線ばねのフックで上昇されるタイプ。補強線の張り方を変更しています。

20130727_0027_20_2
ヘッドライトはLEDへの変更も考えましたが、結局、本来の米粒球として、基本的には昭和30年代の香りのままで再生となりました。

今度、広いレイアウトでビュンビュン走らせてみたい! と言っても、ギア比は1:20なので飛ばしはしません。 数量の2軸貨車か、あるいはホキ800なんかも似合いそうではありませんか。

2013年8月 6日 (火)

箱根登山鉄道:番外編

当ブログを楽しんでおられる友人A氏から、下の画像を提供されました。

Photo

昨日掲載の画像とイメージが重なりますね。

きっと、A氏もそう思われて送って下さったのでしょう。ありがとうございます!

(*この画像著作権はA氏が保有します)

2013年8月 5日 (月)

箱根登山鉄道(17)

隧道上の山荘から、登山電車を見下ろしました。

20130727_0010_20

奥のプラットホームには、110と1001+1002が停車中です。

右下の下り勾配を下りて行くのは109。 これら4両が、このレイアウトで活躍します。

2013年8月 4日 (日)

箱根登山鉄道(16)

モハ2形が並びました。 

20130727_0018_20
左側がベルニナ塗装の110号、ペーパー自作です。

右側がリバイバル塗装の109号、ハセガワのプラスチック製品です。

20130727_0016_20

プラットホームの柵は、レールと真鍮線を使ってはんだ付けで製作しました。 レールにピンバイスで穴を開け、そこに真鍮線を通すという、かなり手間をかけただけに、見栄えはそれなり。気に入っています。

2013年8月 3日 (土)

箱根登山鉄道(15)

この場所、線路の左右とも高くなっていて、カメラをセットする場所に苦労します。

20130727_0013_15

それでも今後、この場所には紫陽花を植えなくてはなりません。 ますます線路脇スペースが狭くなります。

2013年8月 2日 (金)

箱根登山鉄道(14)

このグリーンのモハ2形は「109」ですが、決して10-9(ト-キュウ)ではありません! 両軸駆動で4輪全てが駆動車輪故、急勾配レイアウトでは大活躍してくれます。

20130727_0008_15
この箱根登山鉄道をモデルにしたレイアウト、沿線写真撮影となると実物同様に線路脇スペースが少なく苦労します。

2013年8月 1日 (木)

箱根登山鉄道(13)

グリーンのモハ2形109は完成品とは言え、側扉下へはイエローの色を入れています。 誰もがお金さへ支払えば手にできる製品でも、他人の所有とはちょっと違う「私だけのもの」にしたいのです。

20130727_0015_15
レイアウトは全線急曲線と急勾配。 全軸駆動だけにとてもスムーズに走ってくれます。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ