« 特急専用1700形 | トップページ | 特急専用1700形(3) »

2013年8月23日 (金)

特急専用1700形(2)

1910形の後に登場したのに、形式番号が後戻りしているのは何故? という疑問を抱く人は少なくないと思います。

1900形、1910形が登場した時はまだ、東京急行の時代。今の京王井の頭線に投入した新車に1700を。1800は国鉄63形電車の割り当てに使用したので1900に。

そして1948(昭和23)年6月1日から東京急行が再編され、新しい小田急電鉄の誕生と共に、井の頭線に割り当てられて飛び番号となった1700を、この新製特急車両に割り当てたという訳。

20130810_0030_20

全長17メートル級のデハ1700形に挟まれたサハ1750形は20メートル級と、全長の異なる編成です。 それでも屋根上は1910形とは異なり、薄い湘南型タイプのベンチレーターが並ぶ、揃ったものです。

20130810_0037_20

パンタグラフはカワイモデル製PS16をベースに、台枠を前後方向向き碍子の形状に改造、上下枠のタスキを張り替えて住友タイプとしました。

20130810_0032_20

台車は日光モデル製のゲルリッツ型、本来は阪急用のものの制動筒を取り付けずに小田急のFS108に似せました。

20130810_0029_20

« 特急専用1700形 | トップページ | 特急専用1700形(3) »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57978560

この記事へのトラックバック一覧です: 特急専用1700形(2):

« 特急専用1700形 | トップページ | 特急専用1700形(3) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ