« お寺の運転会 | トップページ | 0番ゲージの電車(2) »

2013年8月26日 (月)

0番ゲージの電車

そもそも、鉄道模型の世界に入り込んだ小学生の頃、今から50数年前、世間は交流3線式のOゲージが主流でした。少なくとも小学生が所有する「おもちゃ」ではない「電気機関車」と言われるものは、交流3線式のOゲージを指していました。

所謂「ガラレール」と言われたブリキを曲げてレール状にし、ブリキの枕木に並べられた3本レールの上を、EF58イメージで作られたEB58などが、憧れの的でした。

当時の模型車両は今でも大切に保管していますので、いつかご紹介することにしたく思いますが・・・

大人になってから、OER3001氏が製作した唯一の直流2線式0番ゲージの模型、それがここにご紹介するチョコレート色の電車です。

20130810_0048_20

車両番号は「1611」とありますが、小田急1600形をモデルにしています。

実車の1600形は両運転台で10両が作られ、後年、クハ1650形との2両編成を組むようになり、車体更新工事で片運転台になりましたが、このモデルでは、両運転台のまま、アルミサッシの姿にしました。

そこで、実車には無い11両目の「1611」と命名。ペーパー車体ですが、16番ゲージより遥かに大きいだけに、1/80サイズとは違う製作法を取り入れて完成させた次第です。

« お寺の運転会 | トップページ | 0番ゲージの電車(2) »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/57987220

この記事へのトラックバック一覧です: 0番ゲージの電車:

« お寺の運転会 | トップページ | 0番ゲージの電車(2) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ