« 古い小田急の写真 | トップページ | 古い小田急の写真(3) »

2013年9月26日 (木)

古い小田急の写真(2)

仙台在住のKB氏からご提供頂いた貴重な画像。 昨日は箱根湯本駅に到着する3000形SE車の「はこね」をご紹介しました。

ここからは箱根登山鉄道に乗り換え、塔ノ沢、大平台、宮ノ下、と山を登り、小涌谷、二の平(現 彫刻の森)を経て強羅に至ります。

そして、強羅からはケーブルカーです。

Img_0002_60

これも箱根登山鉄道、鋼索線です。

このケーブルカー車両は2代目となるケ1形、1950(昭和25)年に日立製作所で製造されました。 登場時は上半クリーム、下半明るいブルーと、当時の小田急ロマンスカーであった1910形や1700形の塗色を明るくした感じの塗色でしたが、SE車登場に合わせて、この写真の塗装に変わりました。

1971(昭和46)年に3代目となるケ2形が登場するまで活躍しました。

因みに現在の車両は4代目となるケ100形(101+102、201+202)、スイス製です。

KBさん、貴重な写真をありがとうございました。

« 古い小田急の写真 | トップページ | 古い小田急の写真(3) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/58266018

この記事へのトラックバック一覧です: 古い小田急の写真(2):

« 古い小田急の写真 | トップページ | 古い小田急の写真(3) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ