« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

京王帝都電鉄デハ2400

20140125_0052_15

全長14メートル程、自重25トン、定員100名の小型車です。

昨年、多摩動物公園駅前にOPENした「京王れーるランド」を、高校クラブOB会13名で訪問しました。

20140125_0029_15

100周年を迎えた京王では、現存する最古の車両と言うことになり、綺麗な姿で一番右側に鎮座しています。

20140125_0026_15

テントが張られた屋根の下でも、小型車なので何とか全景を収めることができるのが嬉しいです。

20140125_0027_15

主電動機が取り外されているのが残念ですが、D-14形台車も綺麗に手入れされています。

20140125_0028_15

模型ファンには嬉しい床下機器の観察も可能です。

20140125_0070_15

先頭部へ回って面白い発見。通過標識灯ですが、その上に雨避けの庇?

20140125_0069_15

ところがその庇、跳ね上げることができます。 な~るほど、足掛けだったのですね。 標識灯に足を掛けられると困るので、後付したのでしょうか。

20140125_0043_15

ロープでここより前方への立ち入りが制限されているお陰で、車内も綺麗な姿です。

20140125_0045_15

京王帝都電鉄時代の「KTR」のスピーカーがまた良いですね。

2014年1月16日 (木)

本日の通勤

つい、楽をしてしまいました。
大手町からメトロホームウェイ71号。
Dsc_0229_2


2014年1月14日 (火)

化石ならぬ化紙?

いや~、こんなものが発掘されました。

20140114_0001_50

今から45年程前、多分高校生の時に、ここまでやって放り出してあったもの。

材料はアイボリーではなく、マニラボール。いわゆる裏がグレーの白ボールという紙です。

そう言えば、今年の関東合運のテーマが中央線とかという噂も。

これでもモノにしましょうか。

2014年1月13日 (月)

雨樋完了

4両編成2本8両、全ての雨樋を付け終りました。

縦樋の漏斗部分を合わせると、こんな感じになりました。

20140113_0003_15

そして・・・

悩んだ挙句の前頭部の漏斗、1.0角材を利用、はんだ付けの後にヤスリ整形と言う方法で。

20140113_0001_15

4両で8か所、ただひたすらコツコツと。

20140113_0002_15

いや~根気です。疲れました。

それにしてもこのアマミヤのキット、高級技能者用車体素材バラキットというだけあって、この後流石に手が掛かりそうです。 屋根上にはベンチレータ取り付け用の穴は開いていますが、サイクルファン頭部を鍋蓋を取り付ける穴は開いていません。 8両で48か所、自分で位置決めして開けなければなりません。

2014年1月12日 (日)

雨樋取り付け中

2014年になって、当ブログの更新インターバルが大幅に長くなっています。

昨年は「ほぼ毎日」更新していたので、期待して訪れてくださる方ががっかりしているのではないかと心配していますが、今年は原点に返り「気の向くまま」としたいのでご理解ください。

さてさて、久しぶりの真鍮キットの模型製作は進行しています。

20140112_0001_20

小田急2400形HE車、「高級技能者用」と表示されたタニカワ製「車体用素材バラキット」なるもの、¥10,000とパッケージにあります。 これを一気に2編成!

20140112_0002_20

1編成は縦樋まで付きました。4両1編成で12本の縦樋。0.4×0.8の帯板を利用しました。 因みに屋根上の雨樋には、キットに入っている真鍮線を止め、0.6角材を用いました。

目下、2編成目のクハの雨樋完了。デハに移るところです。

2014年1月 5日 (日)

愛用の道具(その3)

昨年は毎日のように更新していた当ブログ。 新年早々更新されないことに心配されていた訪問者も居られたのでしょうか?

OER3001氏は元気ですが、今年は更新インターバルに少々自由度を持たせようと思いますのでご了承ください。 本日の題は、昨年4月8日以来です。

2014年、OER3001氏の製作活動は開始されています。 1月1日から活躍しているのは、2本のはんだごて。

20140105_0001_20

ともに石崎電機製作所製の100V-100Wのものですが、左のはコテ先をエコーモデル製のL型(横型)に交換、主にアングルの取り付け時に活躍します。

右はそのままのコテ先ですが、何度も先端をやすりで削っているので、だいぶ小さくなっているかも知れません。

そしてさらに、

12

活躍するのが、余分なはんだを落とすためのキサゲ。これは折れたヤスリ先端を整形し、焼き入れをして作った自家製。 もう40年くらい使っているでしょうか、重宝している道具です。

2014年1月 1日 (水)

賀正 2014

あけましておめでとうございます。

昨2013年の元旦に開始した当ブログ「OER3001氏の優雅な生活」、お陰様で累計アクセスは26,200を超えるに至りました。

本年も気が向くまま、気軽に趣味生活を中心に発信して行きたいと思います。

_
さて、新年最初の画像は・・・一昨年12月24日に完成させたペーパー自作の富士登山電車に、京王帝都時代の初詣列車「迎光」のヘッドマークを掲げてみました。

20131231_0012_20
「迎光」は、京王帝都5000系の時代に誕生した特急電車でした。 この写真は5000系トップナンバーの5751を先頭にした「迎光」ですが、模型は5000系登場時の原型。 「迎光」の運転開始は1967(昭和42)年の高尾線開業後のことですから、この写真の姿はあり得ませんが、2枚の写真とも‘初夢’ということで。

参考までに京王高尾線開業時の祝賀電車の写真をアップしておきましょう。

196710015767_20

初台~幡ヶ谷間、手前は玉川上水、向こうは甲州街道。先頭は5767、スカートを付けて登場したこの年完成の最新編成でした。 背景に「富士急行」のビルが見えますが、この時から5000系は富士急に譲渡されることになる因縁だったのでしょうか?

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ