« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

京王井の頭線吉祥寺駅

建築中だった京王のビルも完成し、綺麗になった吉祥寺駅。

JR中央線改札からエスカレーターを上がると、ずらりと広がる改札口。昭和初期に開業した東京の私鉄ターミナルはほとんどこんな雰囲気だった筈ですが、東急東横線の渋谷駅は東京メトロとの直通でターミナルではなくなってしまったし・・・。

20140226_0008_20

阪急梅田や、南海難波のような眺めを東京で見られる駅が少なくなりましたが、改装しても吉祥寺はこの通り!

でも、線路は2線だけなことが少し残念。

20140226_0002_20_2

左は急行で来て各停で折り返し。右に待っていたのは各停で来て急行で折り返し。全て1000系1車種に統一された井の頭線ですが、初期車と直近の増備車ではオデコの表示部やピラーの処理に違いがあって、なかなか見どころがあります。

2014年2月23日 (日)

クモユニ82800進捗

化石ならぬ化紙と化していた抜きかけの平板状だったクモユニ82800。空き時間に少しづつ進めてここまで来ました。

20140223_0003_20

ペーパーから縦樋まで含めて切り出した雨樋を、ラッカープライマーで付けました。

20140223_0001_20

パンタ台はエコー№614のパーツ、ランボードは過去の作品に使った端くれの2.5×1アングル材を所定長さに仕上げて接着です。 グローブベンチレーターはカワイ製品を仮付けしていますが、最終的には別のものになると思います。

避雷器とパンタ引き込み線を付けなくてはなりませんが、今のところ詳細資料が無く進めません(涙)。

20140223_0002_20

まあ、とにかく、軽い気持ちから仕掛品に再挑戦した代物だけに、とにかく気が楽です。

しかし、ここまで来ると・・・ なぜか仲間が欲しくなります。 どうしましょ!

2014年2月20日 (木)

真鍮版購入

昨夜、帰宅途上に千代田線明治神宮前駅で途中下車。 

IMON原宿店に寄り道し、床板用真鍮版を2枚、買って来ました。 

製作中の小田急2400形HE車2編成、インサイドギア対応の床板を交換、MPギア仕様にしようと考えてのことです。

I1_032365

                                   (画像はIMONのホームページから)

IMON原宿ビルは4階からエレベーターで降りたところ・・・

高校以来の友人、M川氏とすれ違い! 丁度到着する多摩急行に乗る予定だったのでそのまま簡単な挨拶だけで別れたけど、M川氏は何を買いに?

2014年2月17日 (月)

パンタ台

製作が進む小田急2400形HE車。パンタ台を付けました。

20140216_0028_20

既に市中から姿を消してしまった天賞堂の「パンタグラフ碍子台」。チャンネル材に穴が開いただけのパーツですが、永年重宝しているシロモノです。

単純なパーツですが、同等品は無く、今後は自作しなくてはなりません。

同様に、パンタ脇のランボードも、天賞堂パーツを愛用していたのですが、それも市中から消えました。 手持ちでは数が足りず、自作しなければならなくなりました。

どこかのメーカーで、こうした基本的なパーツ、再発売してくれないものでしょうか。

2014年2月16日 (日)

大雪に思う

2月14日、まさにホワイトバレンタインデーとなる大雪に見舞われました。

間引きと徐行運転の小田急線。平常時の2倍くらいの時間がかかりました。

20140215_0001_20

新百合ヶ丘で待つ多摩線は、なんと各駅停車のみで30分ヘッドに。 線路は既に雪で見えなくなっています。

20140215_0004_20

多摩センター駅で下車、右の上り線の線路は既に見えなくなっています。

このくらい凄い降雪、間引きと徐行運転の小田急に少々苛立ちましたが・・・結局はこれが安全対策ということを理解、納得しました。

通常ダイヤ通りに運転していた東横線は、ATCが正常に作動していたというものの、80キロ近い速度で走行していた車両の非常制動が、結局雪で甘くなり前の車両に追突!

なるほど、だから速度を落とし、なおかつ列車間隔を長くする必要があるのですね。事故を起こしては何にもなりません。

2014年2月 9日 (日)

真鍮キットの方も

サフェサーがけもほどほどにして・・・何せ、クモニ83まで作っちゃおうかと思えば、罫書きからせねばならず、ここら辺で小休止としました。

そこで、仕掛中の真鍮キットの方にも手を加えてみました。

20140209_0012_15

屋根上中央のサイクルファン頭部、2mmビスから整形しました。 クハに5個、デハに7個で1編成24個、2編成で48個となります。

20140209_0013_15

こちらは登場直後の2451Fとする予定の編成。

この2400形も、パンタまわり配管に移るところですが、ランボードに手持ちが足りなく小休止になります。

天賞堂のランボード、重宝していたのですが市中から消えてしまいました。いざ作るとなると、結構手間がかかるパーツですから困りますね。

2014年2月 8日 (土)

サフェーサーかけ

大雪警報が発せられている中、カメラを持って撮影にも行きたいけれど・・・クラブの例会も大雪で中止との報せも入り、諦めて雪中工作としました。

しかし、降雪だとサフェーサースプレーも乾きが悪すぎます故、なかなか進みません。

20140208_0016_15

一応ここまで進みました。

こうなって来ると、相棒にクモニ83も欲しくなりますが、そこまでやったら工房5丁目さんと同じになってしまいます。工房5丁目さんは、純正真鍮製ですが、合運会場に持って行けば違いなど判らないかも知れません。

2014年2月 7日 (金)

ハコにしました

今週は、インフルエンザA型との診断を受け、解熱まで3日間、解熱後は自宅待機3日間ということで、大変な1週間になってしまいました。 インフルエンザ感染って、思えば何年も記憶がないことでした。

そこで、解熱後はデスクに放り出してあったコレ、屋根中央で分離し、間に4㎜幅を足して組み立てました。

20140206_0002_15

4㎜幅の白い紙が良く判るでしょう。

20140206_0001_15

この通りです。

20140206_0004_15

なんだかんだと言いながら、ここまでやると、しっかり仕上げてやりたくなります。

2014年2月 2日 (日)

化石ならぬ化紙のその後

今年になってから、当ブログの毎日更新を諦め、マーペースで行こうと思ったら、更新インターバルが著しく長くなっています。

1月14日の当ブログ「化石ならぬ化紙?」で取り上げた紙。

http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-2131.html

そのままにしておくのは忍びなく、少々手を入れることにしました。

20140202_0001_15

本当にちょっとづつ、少しづつ、ここまで進みましたが・・・薄茶けた紙が45年前のもの、白い紙が最近のもの。差があって面白いです。

このままハコにするには、屋根幅が足りないことに気づきました。

竹割して広げなければなりません。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ