« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

株主総会

本日は多くの上場企業の株主総会開催日。

新宿西口のホテルで開催された株主総会に出席して来ました。

Img_0001_15

会場内は撮影禁止ですから入り口の画像を。

Img_0002_15_2

今回は冒頭に、6月19日18:09に発生した相模大野駅構内での脱線事故に関する説明と謝罪から始まりました。

2014年6月22日 (日)

小田急だと思われた!

この写真見た家内、「小田急みたい!」。

20140621_0011_20

キャベツ畑、枝豆や長葱の農地を横目に快走するアーバン・パーク・ラインの8000系。先頭車両の正面右と、前方側面に「TOBU URBAN PARK LINE」って、表示が入っているのですね。

60000系の増備進捗と引き換えに、8000系の姿も急速に少なくなるようです。

2014年6月21日 (土)

新車

所用でふなっしーの地に出掛けました。

空いた時間にちょっとだけ線路際へ、コンデジで撮影して来ました。

「アーバン・パーク・ライン」いったい何処を走る線なのかさっぱり判らなくなってしまった東武野田線に投入された60000系。

20140621_0013_20


コンデジ撮影故、オートな設定によるシャッタースピードで撮れたこの1枚。 LEDの行き先表示が飛ぶのは前から理解していましたが、な、なんと、LEDのヘッドライトも上半が飛んで、寝ぼけ眼になってしまいました。

2014年6月15日 (日)

満面の笑み

愛孫がやって来ました。

お世辞、偽りなく可愛い! のですが・・・、小生の部屋に入られると気が気ではありません。  その愛らしい手で、大切な手作りの車両を鷲掴みして線路の上を前後にガ~ガ~とやられてしまいます。 以前よりそれなりに言いつけては来たものの、やっぱり安心はできません。

そこで、この際急遽、もっとしっかり教育をと(笑)、デンキというものを3歳児に教えることにして、コードを接続して走らせてあげることにしました。

140614_0005_20

その結果はこの笑み!  「これ、のりたいな~」と、大喜びしてくれました。

でも・・・   「このおうち、だれがいるの?」とか「うんてんしさん、いないよ~」だって。

やっぱり純真な子どもには、シーナリーの付いたレイアウトや車両だけでは不満足のようです。人形が必要のようでした。 反省。

2014年6月 8日 (日)

日曜日のお出掛けで

小雨舞う日曜日、旅先の小さな温泉宿で出会って以来のお付き合いをさせて頂いている音楽家の、バイオリンリサイタルに出掛けました。

10374880_279510975562226_2639816458


OER3001氏の誕生の地、経堂近くのホール。 モーツァルト、メンデルスゾーン、シベリウスなどに酔いましたが、経堂駅での撮影も忘れませんでした。 小雨舞う中でも構いません。

20140608_0004_20

MSEが驀進して行きます。

Img_0061_20

EXEも。

メトロ車の多摩急行も。

20140608_0006_20


16012編成です。 ・・・で、撮った後、何気なく見送ったら・・・!

3両目16312の台車、見たことない!

20140608_0007_20_2

アップすると

20140608_0008_20

こんなカタチ。 いったいいつから?






2014年6月 3日 (火)

MSEに乗って

所用でお出掛け。 移動時間はプチ贅沢を楽しみます。

20140603_0002_20
1号車が確保できました。

20140603_0004_20
MSEとすれ違いました。

20140603_0013_20
本厚木で降ります。 「出発進行!」と運転士、静かに発車して行きました。

この後、客員講師の仕事を熟し、

20140603_0017_20

大学からの帰路に初めて利用したのが、このベンツの連節バス。 

全長は18メートルと、3扉の私鉄電車と同じです。 連節部の直後に乗りましたが揺れは少なく、ホロ部の回転が実に面白かった!

20140603_0022_20
帰路はこの4000形の急行。 乗務員室直後から、前方を凝視して楽しんで帰りました。

2014年6月 2日 (月)

好きな場所

6月になりましたが、梅雨知らずでいきなり真夏に突入したような暑さが続きます。
ここのところ何かと多忙で、ブログ書き込みが停滞していましたので、、、

Dsc_0288

若い頃から、カメラを手に何度も何度も歩いた場所です。

Dsc_0291_2

山の木々が迫り、川面が輝きます。 それは時には自然災害と背中合わせでもあり、過去に何度か道床が流されたことも。


Dsc_0293_2


隧道を抜け、

Dsc_0294_2


橋梁を渡り、、、
レイアウトにしたい場所ですね。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ