« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

1970年国鉄御殿場線

8月10日のこと、高校の鉄道同好会の合宿にOBとして参加、御殿場線足柄付近での撮影に出掛けました。

Img_19700810_0001__20_2

暑い日だったことは間違いなし。木陰からの撮影でした。

田んぼの中は直射日光を遮るもの無し。 電化のために各地から寄せ集められた73系、スカ色化されていないぶどう色も混じります。

Img_19700810_0004__20

ぶどう色2両、スカ色2両の編成も。 中間のサハは改造車です。

Img_19700810_0005__35

フィルム対応のスキャナーを買ったので、スライドをスキャンしてみました。

2014年7月27日 (日)

解禁★京急230形(3)

先週の原鉄道模型博物館での運転でデビューとなった、京急230形。 その日は未工事だった標識灯のレンズを入れました。

いろいろ悩みましたが、エポキシ樹脂によるものです。

Img_0006_18

Img_0007_18

Img_0010_18
運板が無いと、なんか間抜けの感を否定できません。 本線を走行していた時代の写真から、「25運用」「浦賀」行きとしましたが、「浦賀」はもう少し大きくても良かったでしょうか。

Img_0011_18
OER3001氏は2両しか製作していない230形。「浦賀」行きを再現するなら、競作仲間の作品と連結しなければなりませんが。

2014年7月26日 (土)

京王帝都電鉄5000系

本日7月26日、京王れーるランドから「鉄道コレクション 京王帝都電鉄 5000 系 4両セット」が限定発売されるとのニュース。 OER3001氏にとりましては、Nゲージサイズでもあることですし、単なるディスプレイモデルと言うことからどうでも良い存在ではありましたが・・・。

周りの友人たちの中には収集欲旺盛なひとも少なくないようで、自宅から近いこともあって出かけてみました。

20140726_0027_18

「編成中 3種類の台車( TS -320 ・KH -39 ・NA -312T )を 作り分けているほか、中間車の床下機器再現、前頭部のライトレンズをクリアパーツ化するなど忠実に再現」などと宣伝されていたことも刺激でした。

が、帯にヒレが無くなった後期の姿。宣伝ほど正確な床下機器ではありませんでした。手前の自作16番ゲージと比べれば雲泥の差ですが、そこが自作の価値と言うことでしょう。

20140726_0006_18
5000系は人気車両だけに、れーるランドの16番ゲージジオラマでも活躍中です。

そして、屋外展示場に保存されている5000系。

20140726_0020_18

本日は特別に、「陣馬」のヘッドマークが掲げられていました。

 

2014年7月21日 (月)

解禁★京急230形(2)

上方からも。

ベンチレーターは側板幕部という230形。屋根上はパンタグラフだけ、パーツ代が節約できます。 が、その分パンタ引き込み線が目立ちます。

空気管はW氏だけが付けていていますが、O氏とOER3001氏は共に省略しています。

20140719_0023_18
あっ、両運転台旧塗装の時代にはランボードがあったのですね。

これだけで結構イメージが変わりますね。

2014年7月20日 (日)

解禁★京急230形

ここしばらく、当ブログで鉄道模型を取り上げられなかった理由がありました。

友好関係にある京急好きグループに秘密で、当方のグループメンバー3人で、密かに進めていたプロジェクト「京急230形競作」でした。

昨19日から明日21日まで、横浜三井ビルにある原鉄道模型博物館で開催されている前述グループの45周年記念と称する「京急大集合」に参加、秘密プロジェクト成果を発表しました。

OER3001氏製作は249、250の2両。仲間のO氏は247、248、W氏は251、252。2両づつで合計6両揃いました。

先ずは249です。

20140719_0015_20

つづいて250。

20140719_0020_20
そして、全員集合!

20140719_0027_20
手前から249+250編成、247+248編成、251+252編成。その奥にはO氏が同時製作した249の両運時代が花を添えました。

2014年7月12日 (土)

HUMBROL

しばらく、ブログ書き込みが停滞していて、常連ご訪問者のご期待を裏切る結果となっています。

理由は、ちょっとした家族の健康事情やブログ管理人の健康事情も多少ありますが、要はネタがなかなか・・・。

そんな中、懐かしい商品を。

Img_0037_15

HUMBROLのエナメル№11のシルバー、面相筆でアルミサッシへの色差しに使用していますが、何年前に購入したものでしょうか? 記憶にありません。

このエナメルを含ませた面相筆を窓サッシ部分に当てると、サ~っと流れてくれる、実に使いやすい塗料です。 アルミサッシの色差し程度にしか使わないので長持ちしています。

実は今も、これで色差ししているのですが、わけあってここで紹介できません。 こつこつ製作しているということだけ、お知らせしておきます。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ