« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

寺子屋運転会③

福島県に遠征した小田原急行鉄道の電車。 小田急開業時に用意したモハニ101形が!

20140824_0007_20
戸袋窓はダイヤカットガラスだったようで、丸窓の方は独特の雰囲気があります。

20140824_0010_20

荒目の耐水ペーパー、確か80番くらいだったと思いますが、規則性を持った方向にエンビ板を擦って作りました。

20140824_0012_20
ヤードに向かう線路をオーバークロスし・・・

20140824_0016_20

本堂を疾走します!

20140824_0022_20

ペーパー自作の 101 と 102 の2両、合運などでは目立たぬ車両でも、ここでは悠々と走ることができました。

2014年8月27日 (水)

寺子屋運転会②

寺子屋運転会は、仙台、山形、いわき、首都圏からのメンバーが集まって開催しています。

そのためどうしても東北本線や常磐線、磐越西線など、東北地方の車両が主体となります。

そこで、今回は全く異なる香りのする車両を持ちこんでの参加となりました。

20140823_0003_20
小湊鉄道キハ200形の2両編成。 ユニットサッシになった後期の214を先頭に、2両目は他車とは異なる形状のベンチレータを乗せた200、共にペーパー自作です。 仏様の目前にセットされた鉄橋を渡ります。

20140823_0005_20
こちらは既に廃線となった鹿島鉄道のキハ431。 勿論これもペーパー自作ですが、バス窓や湘南形の正面に、結構手間取った思い出がある作品です。

関東合運やグランシップ静岡での大きなレイアウトでは、単行や2両編成は目立たず人気もありませんが、ここは仏様の前ですから、普段日の当たらない小ぶりな気動車もいきいきしています。

この鉄橋、きぬやまスカンクさんが古い製品を、最近良い雰囲気に再生されたものです。

2014年8月23日 (土)

寺子屋運転会

夏休みも残り少なくなりました。
広島の災害に心を痛めつつ、福島の復興支援という意味からも子供たちに笑顔を。
お寺が主催の鉄道模型運転会に参加です。

Dsc_0393

開通式ではJR白河駅長のテープカット。


Dsc_0392


ヤードには地元東北本線に関係する車両などたくさん待機。


Dsc_0390

屋外では5インチゲージのEF81らしき機関車も。


Dsc_0389

本堂の上がり口の貼り紙をご覧あれ。

2014年8月17日 (日)

十二支と盛夏の栄養

子、丑、寅、兎

Img_0019_17


辰、巳、馬、未

Img_0020_17


申、酉、戌、亥

Img_0021_17


全部で

Img_0022_17

こうなります。

蔵の町・喜多方の老麺会(らーめんかい)に加盟する「坂内」の多摩センター店内に、装飾されている会津民芸品を愛でながら・・・

Img_0024_17


Img_0025_17

チャーシューが豊富なラーメンと

Img_0023_17

餃子でスタミナづくり。

2014年8月16日 (土)

国鉄形電車

「こくてつ」って、未だに口にする小生ですが、JRになってからのスマートで省エネの車両も良いですが、国鉄形には安心感のようなものもあります。

夏休みの一日、国鉄形の「乗り鉄」を楽しみました。

20140815_0004_18

高尾始発7:27の小淵沢行は、長野車115系です。

20140815_0006_18


この金具、正式名称は何と呼ぶのでしょう? これをつまんで窓の開閉をする。 駅に着けば駅弁を買ったり・・・。

20140815_0007_18

お茶は窓辺の小さなテーブル(?)に。  こうしたものも、気づけば消えつつあります。

20140815_0010_18

青春18きっぷを使っての旅ですから、途中駅での停車時間に先頭部を撮影。 こうした行動をとる乗客が近年増えている気がするのですが。

20140815_0016_18

 綺麗に整備されたスカ色の115系は、もっと国鉄の香りがします。

2014年8月13日 (水)

床板の製作

OER3001氏夏休み中!

知人宅でのホームパーティー、友人との夕食会、家族とのひと時と、鉄以外で楽しんでいる中、床板を作っています。

20140813_0001_15


製作中の2400形HE車の2編成。 タニカワのキットはインサイドギア2台車仕様のためのもの(上2枚)。 MPギア仕様とするためには床板を自作する必要がありました。

中間車2両のどちらにモーターを搭載するのが良いか?

結局、主制御器や主抵抗器で重そうな床下機器を持つ、小田原方M2車を動力車とした方がウエイト効果大と言う判断。 床下機器スペースを確保するために直径の小さいLN14コアレスモーター仕様としました。

所定の位置に穴を開ける作業、結構な手間でした。

2014年8月10日 (日)

1970年京阪電鉄

OER3001氏の夏休みが始まりました。

夏休みと言えば学生時代の1970年8月、大阪万博で賑わう関西への旅行が思い出されます。

小田急ファンにとっての関西私鉄は、何かと刺激になりました。

流線型の正面の1001を先頭にした5両編成。 画面左には鴨川が見えますので、五条あたりでの撮影でしょうか? 35ミリスライドマウントに撮影場所記載が無く、記憶を辿るしかありません。

Img_19700812_0002_1001_30

特急も、おでこ左右に大きなヘッドライトを付けた1900形ではない、初期の車両も活躍していました。 ここは京橋、間違いありません。

Img_19700812_0004__30

実は、このときの関西私鉄乗り歩きで、かなり京阪に惚れ込むこととなって行きました。

2014年8月 8日 (金)

横浜市・野毛地区センターでの運転会④

横浜市内での運転会とは言え、OER3001氏としては横浜市を通らない小田急も走らせない訳には行きません。 

小田急車両はたくさんあって、何にするか悩みます。 結局、ここまでご紹介してきた京浜急行、東急、相模鉄道などの時代ではなく、現在活躍中の車両としました。

20140802_0044_20

「OER3000」ですが、SE車ではなく2代目3000形の通勤型車両です。なんと、西武の最新型車両30000系とすれ違います。

20140802_0046_20
望遠で撮影です。 軌道が上下に荒れていることがわかってしまいますが、快走しています。

20140803_0010_20

LEDびよる赤いテールライトのバックシーンです。

20140803_0012_20

小さな踏切を通過して行きました。

2014年8月 7日 (木)

横浜市・野毛地区センターでの運転会③

横浜市に関連する私鉄電車と言うことで、次にご紹介するのは相模鉄道です。

20140802_0023_20
当時珍しかったアルミニウムで試作された車体のモハ6021を先頭に、サハ6621、モハ6121、クハ6521の4両編成。 

1969年10月に完成させたペーパー自作ですが、4両編成を6日間で製作したという速成記録保持の作品です。 6日間の内、塗装に2日間、ただでさえダークグリーン、グレー、赤、白の4色塗装という複雑な代物に加えて銀色が1両。大変だった記憶があります。

20140802_0025_20
こちらはクハ6521のバックシーンです。

速成は、交通博物館で開催された「伸び行く首都圏の私鉄展」での展示を依頼されてのことでした。 ペーパールーフ、窓サッシはサッシ印刷済みの窓セルを利用ということで達成したものです。 因みに、これを理由に大学の授業は休んでいません!

20140802_0027_20

DV18モーターと17:2のウォーム、インサイドギアで、桜並木を横に快走します。 

相鉄を定年退職された、学生時代からのお付き合いのHGさんが、この古い模型を熱心に見てくださりました。 決して良い出来ではない粗々の速成品ですが、懐かしい思い出がいっぱい詰まった作品で、捨てることなどできない存在です。

2014年8月 6日 (水)

横浜市・野毛地区センターでの運転会②

運転会場から桜木町とは反対方向に歩けば、京浜急行の日ノ出町。 当然、京浜急行の電車も走らせなければなりません。

OER3001氏が持ち込んだのは・・・

20140802_0038_20

先ずは出来立ての230形。 2両編成で快走してくれました。

20140802_0037_20
逆光ですが、望遠で撮ってみました。

そして・・・、やはり1000形を走らせる必要があります。

20140802_0031_20

正面2枚窓で登場した時の姿。

20140802_0030_20

流石、飛ばす京浜急行だけあって、シャッターが止まらずご覧の通り、疾走してくれました。

2014年8月 4日 (月)

横浜市・野毛地区センターでの運転会①

昨日の当欄で速報した運転会は、横浜市の施設「野毛地区センター」主催の「鉄道フェスタ」に参加したものです。 野毛と言えば、野毛動物園が有名です。 JR桜木町駅と、京急日ノ出町駅の中間です。

やはりご当地車両を持って参加しなければなりません。

20140803_0007_20

桜木町といえば、東急東横線の終着駅でもありましたから、5000系(青ガエル)を走らせなければなりません。

20140802_0026_20_2

赤い「急行」の種別表示を掲げた4両編成の時代、正確には覚えていませんが1960年代前半の姿でしょう。 田園調布あたりの桜バックのイメージです。

2014年8月 2日 (土)

横浜で

横浜市の施設で公開運転会。
Dsc_0342

中央にある卓球台には、モノレールとケーブルカー。
しかしまだ「調整中」です。多分このまま夕方まで???


Dsc_0344


いつもの光景?

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ