« 横浜に小田急進出 | トップページ | 学生気分で »

2014年9月 6日 (土)

3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」

曇り空の土曜日、朝一番の歯科通院の後、一路箱根に向かいました。 目的は、箱根登山鉄道強羅駅で一日だけ開催される第11回「ワクワク!箱根親子鉄道展」 。

とは言っても、とっくに子育てを終えたOER3001氏にとって、「親子鉄道展」は主題ではなく、11月1日運行開始予定の新型車両3000形を観察することが主題でした。

20140906_0019_20


強羅駅1番線に、3002が止められています。 車内はまだ養生シートが張られたままで、先月搬入されたばかりのピカピカの姿。

20140906_0047_20


床面までガラスで眺望性が期待できそうです。

20140906_0052_20tate


しかし、それにしても複雑な先頭部処理。微妙な面取りとRで構成されていて、模型製作には手間取りそうです。 スカートも外販とツライチで、車体の面取り角と連続した造形です。

側窓がこう大きいと、車体下部の補強材も付けられません。

20140906_0057_20

製造はか川崎重工ですが、台車は東急、いや違ったJ-TREC総合車両製作所製。

20140906_0071_20

水タンクはスカートの中に収納され、吸水口はステップ部分に。 このステップもスカートとの一体デザインです。

20140906_0086_20

箱根湯本・強羅方(途中3か所のスイッチバックによりこうなる。反対側は出山・大平台信号所方とでもしておきましょうか。)にはジャンパ栓が! なんとなくデザイン的にアンマッチで面白い。

*箱根登山鉄道の公式資料では、「小田原寄-強羅寄」とあります。既に1,435㎜ゲージで小田原まで行くことができなくなった車両でも、あくまでも小田原が起点という証ですね。

20140906_0108_20


旧型のモハ2形(108号)、2000形サンモリッツ号と並ぶと、屋根の高さが異常に高いことがわかります。

しかし、や、や、?

20140906_0111_202000


その2000形の第2編成(2003-2004)は、3000形アレグラ号に合わせて塗色変更されています。 なかなかお似合いだと思います。

そして・・・

強羅駅横の広場では、モデルニクスのパーツを使った5インチゲージが! つい2週間ほど前に、白河のお寺境内で5インチゲージを運転して楽しんできたOER3001氏にとっては、目が釘付けになってしまいました。

20140906_0032_205
3台車の連節構造ですよ!

運転は後方車両で。 先頭車の制御装置らしきものは、ロマンスカーのオルゴール発信のスイッチで、先頭車両に乗った子どもが操作します。

3000形アレグラ色に変更された2000形の姿でした。

« 横浜に小田急進出 | トップページ | 学生気分で »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/60272828

この記事へのトラックバック一覧です: 3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」:

« 横浜に小田急進出 | トップページ | 学生気分で »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ