« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

新しいコテ先で

半田ゴテのコテ先を新しくしました。

新しいコテ先は、初めに半田メッキをしておきます。

Img_0060_20

OER3001氏の工房では、これを含めて半田ゴテは3本を使い分けます。

で、小さなものを作りました。

Img_0062_20

これから周囲を整形しますが、可動式渡り板です。外形0.5、内径0.3mmのパイプの中に0.3φ線で、実にスムーズな可動をしてくれます。

明日は蒲田で開催される鉄道模型ショウへ。何が見つかりますか・・・?

2014年10月24日 (金)

東京メトロ 02系

パンタグラフの無い電車の写真はなかなか撮る機会がありません。ところが、朝一での生活習慣病健診を終え、お腹にバリウムを貯めつつ、仕事に向かう途中でGet!

20141023_0001_20

リニューアル施工前/後が仲良く並んでいました。右がビフォアー、左がアフターです。

20141023_0005_20

反対方向を見ると、やって来たのはビフォア編成。 ん?LEDの表示機、グリーンです。


20141023_0006_20

後からやって来たのはサインカーブ模様が描かれたアフター編成。 こちらのLED表示機はオレンジでした。 記憶にないのですが、グリーンの表示なんてあったのですね。すっかり最初からオレンジだと思っていました。

2014年10月23日 (木)

秋の夕暮

とでも表したくなるような日差しにバーミリオンオレンジが似合います。

20141018_0057_20


この時刻、展望席に座ると夕日が眩しいですよ。

2014年10月21日 (火)

小田急ファミリー鉄道展2014

例年だと、2日間の開催日中1日は雨になることが多かったのですが、今年は2日間とも天候に恵まれました。

20141018_0025_20

快晴となった高く青い空の下、この色がとても映えることを発見しました。


20141018_0027_20

・・・でも、ロマンスカーはやっぱり全面展望&連節でないと。

2014年10月19日 (日)

第14回鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ(5)

「中央線を走った車両たち」のテーマで、新たに製作したのは

20141012_0036_20
クモユニ82800でした。

高校生の頃に白ボールに罫書き、窓抜きを終えたものをそのまま放置、40数年経てから組立て、やっと完成となりました。

たった1両では寂しいから、クモニ83も?

でもそれを作ったら、115系も欲しくなってしまいます。

2014年10月18日 (土)

第14回鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ(4)

OER3001氏と致しましては、個人テーマ「中央線から乗り継ぐ車両たち」として、小田急も参加させない訳には行きません。 但し、いつもの運転会ではなかなか公開できない車両で参加となりました。

20141013_0011_20_oer1800
まずは、国鉄63形の割り当てで入線した更新前の1800形。 このモデルはカワイ製車体をMW氏が改造して製作したものを頂いたものです。

そして、

20141013_0024_20_1871
同じく1800形とは言え、63形の割り当てではない異端車1821と1871。

1821はモハ42、1871はモハ60の事故車を譲受復旧させたもので、この2両は前述MW氏が窓抜きを終えた車体を入手し、仕上げたペーパー製です。

20141013_0012_20_1821
流れてしまった画像ですが、平妻4扉の1821が1871を従えてやって来ます。

20141013_0015_20_1871
1871は丸妻3扉。屋根上のベンチレーターが賑やかです。

合運を終えて、これらの車両を整備しつつ片づけていて気付いたのは、更新前の1800にサボ類が無く寂しいこと。 そこで・・・

Img_0100_20
古い作品なので、製作された頃のように、白インキを丸ペンに付けて、「OER」の文字と社紋を手書きしてみました。

Img_0102_20
ただ正面の運行板は、今流のパソコンで製作し、張り付けました。 準急仕業の○運板、片瀬江の島として、英文表記も試みたのですが、小さくてプリントではつぶれてしまいましたが良しとしましょう。

まだ当分、当社で活躍してくれます。

2014年10月16日 (木)

第14回鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ(3)

「中央線を走った車両たち」とのテーマでは、私鉄、とりわけOERファンの小生としては出品にも限界があります。

そこで考え出した個人テーマは「中央線から乗り継ぐ車両たち」として、まずは「京王帝都」から。

20141012_0014_20

吉祥寺からは井の頭線、高尾では京王線に乗り継げます。

20141013_0005_20

井の頭線は、昭和30年代後半の4両編成。 吉祥寺方の1400形を最後尾にした1700形+1300形+1700形が曲線を行きます。

ペーパー自作で、1700は屋根板を使っていますが、1400、1300はペーパールーフ。1400形はリベットを表現してみました。

20141013_0007_205000


一方、高尾から乗り継げる京王線は、中央線のライバル。懐かしい5000系の特急です。5070系(のちに5100系)2連と5000系4連を連結した6両編成。 デビュー当時の5701、5071編成です。

もちろん、どちらもペーパー自作です。

2014年10月14日 (火)

第14回鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ(2)

「中央線を走った車両たち」のテーマに、たくさんの作品が集まりました。 OER3001氏はクモユニ82800をペーパー自作して参加しましたが、長編成を手掛けた諸氏も多く、頭が下がる思いでした。

20141012_0035_20

私たち「サークル165」の会場は2階「セミナーホール 1」。 

20141012_0006_20
中学生の頃に入手した真鍮未塗装車体、小高ペーパーキット、友人から譲られた塗装済車体と、生い立ちがバラバラの101系基本編成の7連を持ち込みました。

20141012_0010_20

古い作品ですが、元気に走ってくれました。

20倍ズームで撮ったら迫力がありますが、軌道のアップダウンが気になります。

2014年10月12日 (日)

第14回鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ

台風19号接近の中、とりあえず一日目を無事終了しました。
Dsc_0429_3

テーマ中央線に対し、とりあえず中央線に接続する私鉄を持って参加です。

2014年10月11日 (土)

切手

OER3001氏に切手収集趣味は無いのですが・・・

一応、買ってしまいました。「鉄道シリーズ第2集」と称するもの。

東京メトロ副都心線を介して相互乗り入れを実施している東武鉄道、西武鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道の5社の代表車両、の他に、名鉄8000系、近鉄18200系、国鉄581系、国鉄EF66、西武5000系、国鉄14系客車、JR東E259系、京成AE、メトロ1000系と、いずれも鉄道友の会ブルーリボン賞の受賞車両です。

 

20141011_0001_20_3

ちなみに、昨年発売された第1集も買ってありました。

20141011_0002_20_2

復元改装された東京駅舎と、小田急3000形SE車、国鉄151系、近鉄10100系ビスタカー、国鉄キハ81系、名鉄7000系、近鉄20100系、小田急3100形NSE車、国鉄0系、JR東E5系で構成されています。

来年も発売されるのでしょうか?

さて、明日12日と明後日13日は関東合運。大型の台風19号の接近がとても気になりますが、これから荷造りをして明早朝の出発に備えることと致しましょう。

2014年10月 5日 (日)

手摺取り付け

根気との戦いはゆっくりと進んでいます。

Img_0037_20

この顔は製造当時の顔。 後年に新設された列車種別表示窓を埋めてあります。なかなかツライチにならないので、塗装前にペーパーモデルのようにパテで修正する予定です。

台枠部分に付けられた足掛け、右側の向かって左はやけに外側? これで4良いのです。ジャンパー栓2本を避けるためにこの位置でした。

Img_0038_20
この後、新塗装になった編成に移ります。

その後に、正面貫通路左右の小田急型手摺製作が待っています。

2014年10月 4日 (土)

散歩

パーツ交換のためにクルマをディーラーに入れ、終えるまでの時間を楽しみました。

20141004_0021_20
一級河川「多摩川」海から35㎞地点は、京王線の橋梁が横切ります。

20141004_0013_20
丁度、蝶が黄色い花に止まりました。

20141004_0018_20
全ての架線柱が新しいタイプに交換された橋梁を、9000系が颯爽と走って行きました。

川面には鷺でしょうか。

長閑なひと時を楽しみました。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ