« 例会 | トップページ | アレグラ号登場! »

2014年11月24日 (月)

完了:手摺と渡り板

製作を進めている2編成の小田急2400形HE車ですが、ようやく先頭車4両の手摺と渡り板の取り付けが終わりました。

前にも書きましたが、小田急車特徴の手摺は、数えてみれば既に23両分を製作して来ましたが、今回は製作順序を変更してみました。

最初に、三角状の横位置のパーツをハンダ付けします。

20141124_0001_15

次に手摺本体を取り付け、ハンダ付けしました。 この段階で目立つ歪みはヤットコでグイッと調整します。

20141124_0002_15

その後に縦桟をハンダ付けして出来上がり。 と記せば簡単そうでしょうが、いやこれがなかなか。 立て続けに4両分を製作したの慣れて来ましたが、だからと言ってこれ以上の製作はとりあえずゴメンです。

20141124_0004_15

最後に、製作しておいた可動式渡り板を取り付て、顔ができました。

20141124_0005_15

渡り板を上下に動かして悦に入っています。


« 例会 | トップページ | アレグラ号登場! »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして! 小田急2400の記事、毎回楽しみにして拝見しています。私はカツミのキットが押し入れに。。。いつかは作成する予定です。可動式の渡り板はよいですね!どのような仕掛けかもしよろしければ教えてください。

てつにぃさま、ご覧頂きありがとうございます。渡り板の製作は10月31日付の当ブログ「新しいコテ先で」で紹介しています。 是非チャレンジしてみてください。

コメントありがとうございます。拝見しました。パイプを使うのですね! 今度検討してみます!! ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/60707940

この記事へのトラックバック一覧です: 完了:手摺と渡り板:

« 例会 | トップページ | アレグラ号登場! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ