« ゴールデンウィーク | トップページ | グランシップ・トレインフェスタ2015(1) »

2015年5月 5日 (火)

アレグラを愉しむ

新緑眩しい季節、アレグラに乗りに出掛けました。

既にブームが去ったとか(?)で、箱根登山ホームページでアレグラの運行時刻は掲載されていません。

大涌谷周辺が火山活動の影響で立ち入り禁止になっても賑わう箱根湯本。ホームの係員に伺うと概ね1時間後とのことでした。

山を下りて来たのは、2003+2004に連結された3002でした。

20150504_0022_15

天井が高く、側窓も高いので、開放的な車内です。

20150504_0024_15

満員の乗客を乗せて、強羅へ向かいました。強羅駅で乗客が下車したところで車内を撮影します。運転席後方の折り畳み式座席は、多客期は使用することができなくなっています。

20150504_0025_15

車内は広々しています。
20150504_0027_15

乗客を降ろした後、一旦本線をバックして、ポイントを切り替えて乗車ホーム側に入れ替えます。 サンモリッツと名付けられている2003+2004は、アレグラとの連結に備えてアレグラ同様に塗装が変更されていますが、結構似合っています。
20150504_0029_15_2


乗車ホームで乗客を乗せると直ぐに、「上り」となる山を下るアレグラは発車して行きました。

20150504_0031_15

帰路は昭和の香り満載108で、終点の箱根湯本まで行かずに一駅手前の塔ノ沢で下車します。 このたたずまいが好きなのです。

20150504_0061_15

で、帰宅すると・・・

我が家にも類似の風景が展開されています。

20150505_0001_15

アレグラを走らせたくなりました。

20150505_0002_15

乗って来たのと同じように、急曲線を進みます。

20150505_0003_15

20150505_0004_15
このレイアウトにも、新緑の植林を急がなければなりません。

« ゴールデンウィーク | トップページ | グランシップ・トレインフェスタ2015(1) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/61541445

この記事へのトラックバック一覧です: アレグラを愉しむ:

« ゴールデンウィーク | トップページ | グランシップ・トレインフェスタ2015(1) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ