« 温泉地運転会報告① | トップページ | 温泉地運転会報告③ »

2015年7月17日 (金)

温泉地運転会報告②

OER3001氏が持ち込んだ車両

山形での運転会ということは、当然地元の方々は地元の、即ち国鉄・JRを中心とした東北の車両が揃うこと、またシニア世代も少なくないので色彩が暗い、所謂黒やぶどう色ものが多いと予測し、ダブらず、かつ手で持てる範囲の作品を選んで参加しました。

先ずは地方私鉄ということで長野電鉄の旧型車。 

学生時代、スキー目的に夜行列車で夜明けに長野入り。乗り換えた編成が忘れられなくて作ったものです。

20150711_1064_15
モハニ131とモハ101の2両編成。 ともにレイルロードのエッチング素材から自作したもので、モハニには乗客を乗せています。 が、市販の人形の中から、スキーシーズンの服装の「座っている客」を収集することは不可能でした。

小田急ファンのOER3001氏が、小田急車両を持たずに参加すると、地元の参加者に間違ったイメージが定着するといけない(笑)と思って、小田急車両も持ち込みました。

しかし近年の車両は長編成で荷物量が多くなります。

実車撮影も予定したわが身には、なるべく少ない荷物を選別する必要もありましたので、選択したのは・・・

20150711_1033
電車ではなく、夜間にしか走ることはない保線列車。

最後部は車掌室を備えたホキフ303。 

20150711_1034
その前方はホキ301。

20150711_1035hoki
そして3両目はホキフ301。

20150711_1036

この3両編成を牽くのはED1012電機です。 ホキ編成はTOMIXが発売していたプラスチック製キットを利用、車掌室はペーパー自作、一部の手摺形状などを変更しています。

20150711_1037ed1010
ED1012はアダチのキットを組みましたが、パンタまわりや空間波無線アンテナなど、ATS装備の後年の姿に変更しています。
20150711_1038ed
模型でも走行機会が少ない保線列車、月山を望む温泉地の広々したエンドレスを走ることができました。

« 温泉地運転会報告① | トップページ | 温泉地運転会報告③ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/61900241

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉地運転会報告②:

« 温泉地運転会報告① | トップページ | 温泉地運転会報告③ »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ