« 欠品は困る | トップページ | 私の道具 »

2015年8月12日 (水)

東武博物館再訪

仲間との8月度例会、東武博物館の見学から始まりました。

1924(大正13)年に製造されたデハ1形(5)は、電車ファンとしては見とれてしまう車両です。

20150808_0007_

博物館に入ると目前に、蒸気機関車と並んで綺麗な姿を見せてくれます。

20150808_0010_

私鉄ながら当時としては大型の車体で、京王帝都は軌道だったから小さくて当然としても、小田急のモハ1に比しては確実に大きく感じます。

20150808_0011_

おそらく油敷きだった筈の床は、ニス塗りなのでしょうか、綺麗です。 グローブに収められた室内灯が良い雰囲気ですが、中身は白熱灯ではなくLEDなのかな?

20150808_0012_

ダブルルーフの明り取り窓にはダイヤガラスが使われています。 近いうちにダブルルーフの車両製作を計画している我が身にとっては大いに参考になりました。 つり革も正しく「皮」です。

20150808_0015_

Westinghouse製マスコンと、制動弁だけの質素な運転台に、一番目立つのは手ブレーキの大きなハンドル。 こんなスタイルが標準でしたね。

流石にこの車両の現役時代は知りませんが、古い車両からは何かと学ぶものが多いものです。

« 欠品は困る | トップページ | 私の道具 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

良いですねぇ。
木造。正面5枚窓。必ずあったハンドブレーキ。グローブ型白熱灯照明。etc・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/62065176

この記事へのトラックバック一覧です: 東武博物館再訪:

« 欠品は困る | トップページ | 私の道具 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ