« 私の道具 | トップページ | 歴史あるもの価値あり »

2015年8月14日 (金)

東武5700形

東武博物館再訪で、また5700を良く見て来ました。

なんでも最近、再塗装を終えたとかで、妻板にはマスキングテープの剥がし忘れもあり、微笑ましい限りです。

20150808_0022_5700

台車もピッカピカです。 東武の社紋は転写のようです。

20150808_0019_

車内は扇風機も無い時代に復元されていますが、この猛暑の下だったらどうしたのでしょう?

20150808_0026_

この車両まで、模型製作する予定は皆無ですが、もしも作るとしたら!

乗務員扉の造作がとんでもなく凝っていたことに驚きです。
20150808_0028

通風口も無いような乗務員室、そして扉窓は開閉できない!

20150808_0029

扉は外板と同一平面、しかもウィンドウシルまで一体のデザイン。 見事な処理ですが、車掌が扉閉確認で顔も出せないと、現場からの苦情は無かったのでしょうか?

« 私の道具 | トップページ | 歴史あるもの価値あり »

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

OER3001の運転手様

毎度素晴らしい写真、良いですね。
東武は地味ですが好きな鉄道の一つです。
でも、この電車は知りませんでした。日光観光のため国鉄と対抗した車輛ですね。
片野正巳さんのMacイラスト(”吊掛賛歌”)に載っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/62077890

この記事へのトラックバック一覧です: 東武5700形:

« 私の道具 | トップページ | 歴史あるもの価値あり »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ