« 遂に公開;伊豆急1000系 | トップページ | 関東合同運転会報告 »

2015年10月16日 (金)

大正初期の万世橋駅

所用で、通いなれた秋葉原へ出かけました。 が、仕事ではないのでぶらぶら散策。 

交通博物館があった場所は『mAAch(マーチ) ecute(エキュート) 神田万世橋』として再開発されています。

その1階ほぼ中央部にある「LIBRARY」というショップに、目をくぎ付けにする1/150で製作されたジオラマが展示されています。 東京駅と同じ辰野金吾の設計による赤煉瓦造りの堂々とした初代駅舎と、大正初期の街並みが再現されています。

Img_0003_
上の写真の右下、須田町交差点からの眺めは下のようになります。

Img_0002_

こちらは淡路町方面から望んだ光景。蕎麦「神田まつや」http://www.kanda-matsuya.jp/の前あたりからの眺めとなります。
Img_0001_
広場には広瀬中佐と杉野兵曹長の銅像があったようですが、第二次世界大戦終結後に撤去されたとのことです。

Img_0004

須田町方からの駅全体の光景は次のようになります。 高架上には2面のプラットホームがありますが、右方のホームはまだ使われていません。 おそらくこの後、大正8年の東京駅延伸時から使われることになったのではないでしょうか。

Img_0005_
御茶ノ水方の昌平橋を渡る東京市電。 道路の女性の着物、髪型、風呂敷包など、あらゆるところの再現が素晴らしいです。

Img_0008_
こちらは駅北側を流れる神田川。 
Img_0009_
左手に下ると、万世橋が架かります。 その万世橋に向けて、万世橋駅前から東京市電が向って来ます。
Img_0011_
発着する電車はポールのボギー車だったようですが、詳しいことはわかりません。

Img_0010_
商業施設の中とは言え、そう大勢の来客で賑わうところでもなさそうで、ゆっくり観察し写真を撮ることができました。

« 遂に公開;伊豆急1000系 | トップページ | 関東合同運転会報告 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんなアミューズメントが出来ていたのですか。知りませんでした。
今度ラジオ小僧になったとき必ず行ってきます(笑)。

ぽっぽやさま、そうなんですよ!
じ、実は、チップLEDやらコネクターやら、調達しての寄り道でした(笑)。

蕎麦「神田まつや」なつかしいです。あの風情に惹かれて貧乏学生のころに一回だけ入った思い出があります。

ぼっちぼちさま、貧乏学生のころに一回だけ?
羨ましゅうございます。
いまだに貧乏の小生は、焼失した「藪蕎麦」には何回か行ったものの、「神田まつや」にはまだ一回も入っていません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/62485980

この記事へのトラックバック一覧です: 大正初期の万世橋駅:

« 遂に公開;伊豆急1000系 | トップページ | 関東合同運転会報告 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ