« 新工法:ペーパールーフ その2 | トップページ | 空気溜 »

2016年4月23日 (土)

新工法:ペーパールーフ その3

なにやかやで、ここまで進捗しました。

20160423_0001_15
この車両の屋根には、製作が面倒なリブ施されています。全体にシール紙を張り、リブを残して剥がすという方法で表現しました。

車体全長に渡るランボードは、0.8×2.0㎜アングル材を利用しました。 面倒なのは「顔」のFRPとの接合部。 雨樋部の先端から「顔」にかけて三角形の覆いのようなものが。 ペーパー片でそれらしく表現したつもりです。

20160423_0003_15_2

パンタ部分と、新清水方クハの新静岡方屋根上のアンテナ取り付け部を作ります。 パンタは安価なTOMIXのプラ製品を予定していたのですが・・・

231系用製品ですので、4本の脚寸法が異なるようです。 やむを得ずカツミ製に変更です。

20160423_0002_15_2
この後、妻板の雨樋を作ります。

« 新工法:ペーパールーフ その2 | トップページ | 空気溜 »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

完成が楽しみですね。

 最近の車両はノッペリしているようで、よく見ると妙に細かい細工があったりします。窓抜きが楽になっても、意外なところで手間がかかりますね。

ぼっちぼちさま モハメイドペーパーさま
コメントありがとうございます。
仰る通り、屋根のビードより窓抜きの方が手慣れている分楽ですね。

前面は温めたアクリル板を木型に押し付け成型加工ですか?

ぬか屋さま
前面窓ガラスはほとんど平面に近いのです。多分大した加工は不要ではないかと楽観視していますが、表から落とし込み接着の計画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/63526871

この記事へのトラックバック一覧です: 新工法:ペーパールーフ その3:

« 新工法:ペーパールーフ その2 | トップページ | 空気溜 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ