« 鉄道模型社 | トップページ | クーラー »

2016年4月30日 (土)

スカート

近年の新型車両には必需品となった台枠覆い(スカート)ですが、この自作もなかなか手間がかかります。

今回も0.35㎜厚のアイボリー紙によって自作することにしましたが、展開図を求めるのが難儀です。 そこで・・・、斯様な木型を再利用しました。

20160429_0004_159000

20160429_0005_159000
「9000スカート」と書いてある通り、小田急9000形を製作した時に作った木型です。 

下は、できたスカートを装着した作品、1975年の作品です。 

20160429_0006_159000

20160429_0007_159000
この当時は老眼も無関係だったので、ナンバーも手書きでした。 いまだに現役で良く走ります。

今回はその木型を基に、現物合わせでA3000系用を作りました。

Img_0002_15
ペーパーのスカート本体の裏に、同じペーパーで裏打ちします。 そして裏面全体に瞬間接着剤を付ければほどほどの強さが出て来ます。 

車体下部とスカート上部の間に約1㎜の隙間があるので、床板への取り付けがまた課題です。

« 鉄道模型社 | トップページ | クーラー »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

汎用で他の形式にも流用出来る型が在ると便利ですね。

ぬか屋さま
趣味の領域ではどーせ一度に2個しか作らないので、結局は現物合わせになってしまいますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/63553836

この記事へのトラックバック一覧です: スカート:

« 鉄道模型社 | トップページ | クーラー »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ