« 大橋巨泉さん逝く | トップページ | 塗装進行 »

2016年7月21日 (木)

キハ101製作進行

8月上旬完成を目標に進めている2両のキハ101、上回りはほぼ完成していましたが、課題の多い床下機器が足踏みしていました。 気動車といえばDMH17エンジンと言う時代は去り、DMF13シリーズが主力化した新性能気動車の床下パーツ市販は一部の高額なパーツを除いて入手しづらく、あきらめてほぼ自作となりました。

20160721_0007

参考とすべく写真ですが、自ら撮ったキハ101は月山を背景に最上川橋梁を行く姿や

20150712_0004

最上川橋梁を渡り果樹園を横目に快走する姿
20140510_1004

などの走行写真しか無く、参考となる画像をネット検索しましたが、満足がいくほどの写真には出会えませんでした。

そこで、いっそ「らしく」と諦め、カツミのプラ製キハ82用パーツもどきにすることとして、桧材とペーパーで自作しました。

20160721_0001

DMF13HZエンジンと消音機らしきものなど、こちら側の参考画像が大幅に少なく困りましたが、大きく判明する機器以外は想像力を駆使です。

20160721_0002

パイプ類がのた打ち回っているのは、真鍮線を焼きなましてエイヤーです。
20160721_0004

一方反対側はそこそこ外観がはっきりします。
20160721_0005

コンプレッサーだけは、市販パーツを流用してみましたが、はたしてここに鎮座する機器がコンプレッサーなのかどうか判りません。
20160721_0006

とにかくここまでこぎ着けました。 もう少し細かいことに手を入れてから塗装です。 塗装がまた独特でマスキングで苦労しそうです。

« 大橋巨泉さん逝く | トップページ | 塗装進行 »

鉄道模型(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/63945418

この記事へのトラックバック一覧です: キハ101製作進行:

« 大橋巨泉さん逝く | トップページ | 塗装進行 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ