« 「こてはし鉄道」へ乗り入れ | トップページ | 日光へ① »

2016年9月29日 (木)

中間連結器

編成物の中間連結器として、近年は曲線部で連結面間隔が拡がる伸縮式カプラーが発売されていて良いのですが・・・ 経済的には結構な重荷になります。

そこで、自作車両の中間連結器には、エンドウのドローバーを使って来ました。

しかし・・・

近年は脱線復旧作業などの際、残念ながら穴に入れることに手間を食います。 加齢現象であることは間違いありません。

そこで、安価で最も確実な、棒状連結器を自作することにしました。

Img_0026_15

手元にあった端材の1×5×1㎜のチャンネル材に5㎜×0.5tの帯板をハンダ付けして厚みを稼いだチャンネルに、24㎜間隔で3.1φと2φの穴を開けただけの簡単なもの。 これをスプリングを介して装着します。

片方の車両は、床板の上から下方に伸びる2㎜ビスをこの穴に挿すだけ。 もっとも簡単、確実で、連結方向も決まるので良いのですが、近年この種のパーツは市販されていませんね。

ところで「ドローバー」という単語。 実物では中間連結器をこうは呼びません。 「drover」は牛や羊などを市場へ追っていく人、家畜追いを意味しています。 いかにもアメリカから来た言い方ですね。 日本人としては馴染めません。 せめてカプラーと呼びたいです。

« 「こてはし鉄道」へ乗り入れ | トップページ | 日光へ① »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

drawbar 引張棒,牽引バーだと思っていました。

一応wikipediaを引用しておきます

Two or more passenger cars or freight cars may be attached by means of a drawbar. At both extremes there is a regular coupler such as the North American Janney coupler or the Russian SA3 coupler. This drawbar eliminates slack action.

moewe さま
そうかもしれませんね、先生が仰るのですから。 それにしても引っ張るだけではなく押すこともあるのですから、やっぱり「連結器」「カプラー」が良いですよね。

確かにdrawですからね、カプラーと普通に言えばいいのですが。私も視力が弱くなり、細かなものを見るのに苦労します。簡単で確実な連結器を希望します。グループで作りませんか?売れそうならア○○○で販売していただければ…

 作るのは少し手間がかかるけど、蒸機用のように押し込んで連結できる構造にしておけば、だいぶ楽ができます。

モハメイドペーパーさま
仰る通りなのですが、長さや間隔を揃えたものを何個も作るには、治具などが不可欠となりなかなか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/64274455

この記事へのトラックバック一覧です: 中間連結器:

« 「こてはし鉄道」へ乗り入れ | トップページ | 日光へ① »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ