« 「こまち」全区間乗車 | トップページ | 不老ふ死温泉 »

2017年3月29日 (水)

「リゾートしらかみ」に乗る

「こまち」で秋田到着後、暫しコーヒー片手にくつろいだ後は、いよいよ今回の旅の最大イベントである「リゾートしらかみ」での五能線堪能です。 1番線に既に入線してた列車の運転室には秋田美人が!

20170318_0067_20

この日はハイブリッド新型車両HB-E300系「青池」、4両編成の2号車にはボックス席があります。

20170318_0071_20
20170318_0080_20

しかしOER3001氏一行の席は1号車。 日本海を眺めるのに適した海側のリクライニングシートですが、五能線分岐駅の東能代までは最後部で山側です。 シートの枕には「RESORT HYBRID TRAIN」とあります。

20170318_0074_20
20170318_0082_20


奥羽本線区間は山側を向いていましたが・・・、小学生の社会科で学習した干拓で覚えた八郎潟を通り、

20170318_0076_20

東能代に到着すると、進行方向を変えて五能線に入ります。 東能代での7分間の停車時間で、この列車の写真を撮る乗客も少なくありません。

20170318_0085_20

いよいよ1号車が先頭になり、五能線区間を走ります。

20170318_0086_20

車内天井のモニターに、運転室からの眺望が流れています。

20170318_0091_20_2

いよいよ日本海が見えて来ました。

20170318_0093_20

のんびりハチロクが走っていた時代と変わらぬ景色が広がります。

20170318_0094_20
20170318_0095_20

スマホでマップと照合しつつ前方を注視していて、トンネルから見える日本海を捉えられました。

20170318_0096_20

海岸線に沿うように、線路は右に左にカーブします。

20170318_0098_20_2

天気に恵まれて、最高の眺めです。

20170318_0099_20

大きくカーブする区間で、日本海の向こうに雪の白神山地が確認できました。

20170318_0103_20

この日はウェスパ椿山駅で下車です。 駅前広場にハチロクが保存されています。

20170318_0105_20

乗って来た「リゾートしらかみ」を見送ります。

20170318_0107_20

そして送迎バスで向かったところは黄金崎の不老ふ死温泉。
20170318_0111_20

日本海に張り出した露天風呂、右側は女性ですが、左側が男性ではなく混浴というのが面白い。

20170318_0113_20_2

OER3001氏も写真など撮っていないで、早速露天風呂に向い、日の入りを拝むことにしました。

« 「こまち」全区間乗車 | トップページ | 不老ふ死温泉 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

いいね!不老ふ死温泉。でもなんで「ふ」だけひらがななんだろ?

ぼっちぼちさま
そうそう、不老不死ではなく何故か不老ふ死なんですよね。

混浴の画像が無いと露天風呂のイメージがわきませんね。

ぬか屋さま
それは撮影禁止となっていますので悪しからず。
因みにOER3001氏入浴時は約20人もの男性、そして後から5人の女性陣がバスタオル巻いて(認められています)入って来られました。 お陰で出るに出られず、女性陣が出た後にやっと、上がることができましたがすっかりのぼせてしまいました(笑)。

羞恥心が有るだけ立派です。

大昔、青森の青荷温泉の混浴で同じ思いをしたことがあります。温泉はアツいし、カッカしてくるし、早く出てってくれでした。その時入ってきたのは若い女性たちでした。遠い昔の思い出です。

ぬか屋さま
羞恥心ではなく、エチケットですよ(笑)。


ぼっちぼちさま
そうですよね~。
それにしてもホントは横目でチラチラするのですが、やはり彼女たちの目の前にさらすのは度胸が要るし・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/65081438

この記事へのトラックバック一覧です: 「リゾートしらかみ」に乗る:

« 「こまち」全区間乗車 | トップページ | 不老ふ死温泉 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ