« 不老ふ死温泉 | トップページ | 「リゾートしらかみ」に乗る―2 半世紀前の思い出 »

2017年4月 1日 (土)

保存ハチロクとウェスパ椿山駅

奥羽本線の東能代と川部間147㎞(奥羽本線では98㎞)を結ぶ五能線は、東能代側と川部側から延伸した線路が1936(昭和11)年、陸奥岩崎駅 - 深浦駅間を最後に全通して81年になります。

その中でウェスパ椿山駅は、国鉄が1987(昭和62)年にJR東日本となってから後、2001(平成13)年12月1日に開業した最も新しい駅で、当初は快速列車の「リゾートしらかみ」しか停車しなかった珍しい駅。 普通列車が停車するようになったのは翌2002(平成14)年12月1日のことでした。

20170319_0036_20

付近は深浦町が第三セクター「ふかうら開発」に運営委託する観光施設が広がります。 駅は単線に沿うホーム一本のみの無人駅。

20170319_0037_20

それでもバリアフリー対応になっています。

20170319_0040_20

一日の列車は普通列車が上下5本、土日休日運転の快速「リゾートしらかみ」が最大で上下3本だけ。

20170319_0043_20

風力発電所と展望台に向かうスロープカーという乗り物もありましたが、昨年から運休中です。

20170319_0038_20_2

とは言え、観光列車の停車駅ということもあって、華やかな感じです。

20170319_0048_20

この駅前広場の一角に、ハチロクが保存展示されています。

20170319_0049_20


78653、朝陽に綺麗な姿が輝いています。

20170319_0018_20


比較的良い手入れがなされていて嬉しい限りです。
20170319_0019_20


正面はプラットホームと同レベルの高さのステージから捉えることができました。

20170319_0022_20

ドームの「造製立日」は、製造会社の誇りですね。 

20170319_0027_20


これより近付くことはできませんが、雄姿を存分に眺めることができました。

20170319_0025_20

このハチロク、弘南鉄道新里駅に保存展示されている48640とともに、NPO法人五能線活性化倶楽部が管理しています。 復活運転の夢もあるようですが、なかなか思うように運ばないようです。 http://www.gonousen.jp/

駅前の物産館では、ハチロクという吟醸酒が売られていました。

20170319_0047_20_2


これをチビチビやりながらの五能線、是非お勧めします。

« 不老ふ死温泉 | トップページ | 「リゾートしらかみ」に乗る―2 半世紀前の思い出 »

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/65089102

この記事へのトラックバック一覧です: 保存ハチロクとウェスパ椿山駅:

« 不老ふ死温泉 | トップページ | 「リゾートしらかみ」に乗る―2 半世紀前の思い出 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ