« 「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-3- | トップページ | 車両転入 »

2017年5月25日 (木)

グランシップ トレインフェスタ 2017

初夏の好天に恵まれた5月20日(土)~21日(日)、恒例となった静岡での大イベントに、今年も参加して来ました。 会場は東静岡駅前に建つこの大きな建物です。

20170521_0005_

手前の芝生広場ではライブスチームとバッテリー電車が、来場者を乗せて走ります。 営業(?)前の調整が続いています。

20170521_0015_

今年の登場車両は ① C58 138。

20170521_0014_c58

② C12 8、①との重連です。

20170521_0017_c128

③ ナンバープレートがグリーンの C12 254。

20170521_0019_c12254

④ 詳しい形式は知りませんが山岳路線に強いシェイ。

20170521_0018_


⑤ そして電車ファンにはもっとも魅かれたデト。 京急のデトのようです。

20170521_0020_

小生らのグループは屋内大ホールの中央壁面側で、16番ゲージモジュールレイアウトを展開します。 地元静岡鉄道に登場したA3000形の最新・パッションレッド編成を登場させました。

20170520_0005_20




実車未登場のフレッシュグリーン編成とともに、来場者の目を引いていました。

20170520_0007_


この地では認知されていないであろう、ジェントリーピンクの新京成N800形も走らせました。 

20170520_0013_20

流し撮りにも挑戦してみましたが、なかなかうまく撮れません。

20170520_0016_

OER3001氏が参加するイベントです。 小田急も登場させなければなりません。 今回は1910形のロマンスカーをさりげなく。

20170521_0009_20

さらに、天賞堂のEB10車体を利用してブリル台車を履かせたフリー機ED201、しるねこさん製作のレサ編成を牽かせてみました。

20170520_0020_20ed201

結構調子よく走り回ります。

20170520_0025_20ed201


そのしるねこさん製作の工場モジュール前を通過する姿、結構似合いませんか? 

20170520_0031_20ed201


そこで、公開時間終了後には、この工場前での撮影タイムとなりました。 HA氏製作の12系を並べればまさに鶴見線の雰囲気です。

20170520_0034_20

2日間の公開とは言え、出展するOER3001氏らも充分楽しんだものとなりました。 

« 「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-3- | トップページ | 車両転入 »

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

コメント

 フリーの電機、パンタを赤く塗ると、なんとなくドイツっぼく見えますね。

モハメイドペーパーさま
ヨーロッパ鉄道旅行をしたとき、赤いパンタも良いものだな~と思ったのが動機です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/65317659

この記事へのトラックバック一覧です: グランシップ トレインフェスタ 2017:

« 「はつかりクラブ山形運転会」の帰り道-3- | トップページ | 車両転入 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ