« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月24日 (土)

2400形製作進行中

真鍮製キット組立てで進めている2400形の製作ですが、梅雨入り前に塗装を終えた今、細々とした作業に取り組んでいます。 前照灯と標識灯のレンズを入れました。 小田急の標識灯は通過表示と尾灯を兼用するタイプなので、レンズの色は赤ではなく透明なのです。

20170624_0003_20_2

新塗装の方にも同様に。

20170624_0001_20


それにしてもこうして写真に撮ってアップすると、粗が目立ちます。 気になるところは後で修正することにします。

窓ガラス(窓セル)も入れますが、先ずは戸袋窓から。 戸袋窓はカーテンが無かったため、紫外線防止のブルーペンガラスが使われていましたので、材料もブルー。 但しこのブ透明ブルーが近年は濃い色のものが目につきますので、斯様な薄いカラーバージョンを探さなければなりません。

20170624_0004_20

透明ブルーを入れた戸袋窓、旧塗装ではあまり判別できませんが・・・

20170624_0008_20

新塗装では目立ちます。

20170624_0005_20

ゆっくり進めていますので完成はまだまだ先です。

2017年6月18日 (日)

代々木八幡駅近況 2017.6.17

2018年3月からの各駅停車10両編成化対応のために進められている、代々木八幡駅の改造工事、当欄で紹介したのは3月14日。ttp://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-50fd.html

それから3カ月でどう進捗したのでしょうか。

新宿の高層ビルを背景に、45km/h制限の曲線に差し掛かると代々木八幡駅。

20170617_0010_20


ホームは半径200mの曲線に面していて、前後に踏切。 10両対応へのホーム延伸は、小田原方の踏切を移設し、対向式ホームを島式ホームにするというもの。 閉鎖された踏切に列車が差し掛かろうとしています。

20170617_0007_202


既に新宿方から、新設ホームの基礎部分が立ち並びました。

20170617_0011_203


そして小田原方の跨線橋を撤去した後には、橋上駅舎の骨格が立ち上がりました。

20170617_0014_204

20170617_0005_205


代々木上原~登戸間の複々線化完成後のダイヤが楽しみです。

2017年6月14日 (水)

車番など

車番などを入れるのはとにかく細かくて嫌になります。

20170614_0001_20


エッチングパーツから1文字づつ拾って、所定位置に置きます。 接着はラッカーとシンナー。 シンナーを垂らすと、その表面張力で動いてしまう時がありますが、修正がまた大変です。

20170614_0002_20

OERの文字は面倒なので3文字一体のパーツを使ってしまいます。 そして社紋も。

20170614_0003_20

ラッカーで固着したらカッターの先でラッカーを剥がす。 

1両で6カ所、先頭車は正面が加わって7カ所。 これを12両にやっていますが集中力が途切れる。 気が遠くなります。

2017年6月10日 (土)

Hゴム描き

遂に梅雨入り、外は風が強く、屋外での塗装はできない天気。 梅雨入り前に3車種12両の塗装を終えてホッとしていますが、ここで休むわけには行きません。 せっせとHゴムを描きます。

20160610_0002_20_2

使用する塗料はハンブロールのエナメル。 近年は入手しづらくなってしまった代物ですが、幸いなことに手持ち品が未だに使えます。

20160610_0003_20_2

これを烏口に入れて描きますが、塗料濃度調整がポイントです。 かなり粘度を高めた方が失敗が少ないです。

20160610_0004_20

こうして窓の角に斜めに当てて、‘スーッ’と描きます。 向かって左のHゴムを描いたら車体を時計回りに回転して、下の画像では下方のHゴムを描くという要領で、車体を1回転させれば全ての辺にHゴムが描けます。

20160610_0001_20

ケープアイボリー塗装の時代にはHゴムは黒色になっていました。

20160610_0005_20

この作業も12両ともなれば、集中力が途切れるので休み休み。 時にははみ出すことも少なくないのでその修正も。 完成はまだまだ先の話です。

2017年6月 6日 (火)

続:続:続:梅雨入り前に

♪6月6日に雨ザーザー降ってきて、なんて童謡がありましたが、まだ陽が射してくれましたので、本日は12両の屋根塗装をしました。

Img_0002_20

4連×3編成で12両。 こんな数の塗装を一気にやったこと、今までありません。 これをハンドスプレーでシュッシュとやるのはかなり大変ですが、慣れた手法なので安心です。 

Img_0003_20

ベンチレーターはツヤありで塗装しました。 マスクをかけていた鼻毛、今日は灰色になりました(笑)。

ここまで済めば、いよいよ雨が降って来ても室内で工作できますのでのんびり進められます。

2017年6月 5日 (月)

続:続:梅雨入り前に

幸いなことに好天が続いていますので、この機会を逃さず塗装を進めます。

今日はケープアイボリーを。

20170605_0001_20
アイボリーはたった4両なので、前回までの2編成8両に比べれば軽いものです。 念入りにケープアイボリーを数回に渡って吹いて・・・。 乾燥を待ってからマスキングを剥がすときの快感。

20170605_0002_20
いくつになっても、何年やっても、この瞬間が良いのです。 ま、時には下色まで一緒に剥がれてしまうこともありますが。

20170605_0003_20
今回もまずまずの成果に安堵しました。

これで4両3編成が、屋根上の塗装待ち状態となりました。 ここまで来れば、多少天候が心配でもなんとか仕上げにかかれそうです。

2017年6月 4日 (日)

続:梅雨入り前に

土曜日は孫娘の運動会に出掛けたので模型弄りはできず仕舞い。 日曜日の今日はさほど風も強くない塗装日和。 ひたすらマスキングをして待っていた塗装に取り組みました。

ベランダを新聞紙で覆い、簡単なテーブル上にセットして行います。 今回はひたすら小田急ブルーを8両に。 

20170604_0001_20


恐る恐るマスキングを剥がす時の快感と恐怖が入り混じったときを越えると、イエローとブルーに塗り分けられた8両が!

20170604_0002_20

まずは、大きな修正も不必要な仕上がりが得られてホッとしました。

20170604_0003_20


この後は車体をマスキングして屋根を塗らなければなりません。 充分に乾燥させてからマスキングしたいので今日はここまで!

と、思ったのですが、ベランダを養生した新聞紙が勿体ない。 折角だからと、

20170604_0004_20
別の4両にロイヤルブルーを塗装しました。

終えて見れば、付けていたマスクがロイヤルブルーに染まっていました。 その前のマスクは小田急ブルーになっていました。 マスクだけでは不完全で、鼻水もラッカー色になっていました。

2017年6月 2日 (金)

シニアのクラブ活動

水無月になった最初の日、東京は大気不安定な天気で上空には怪しい雲。 そんな下、シニア達が都内某所模型店2階に参集、思い思いの鉄道模型車両を走らせました。

OER3001氏が持ち込んだのは、先ずはクモニ13。ホビーモデル製プラキット組立てですが、動力も同社のプラ製インサイドギアによるもの。 信頼度もイマイチで不安でしたが、取りあえず走り回れました。

20170601_0005_13

次は、箱根登山モハ1形の106。 5月26日の拙ブログでご報告済みの、ブログ「気のむくままに…製作中」主宰のもりおかさまからお譲り頂いた車両です。http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-706f.html

我が家の小さなレイアウト上では不可能な長距離走行テストとなりました。

20170601_0016__2


続いては小さな荷電に貨車を牽かせて。 先頭は新潟交通モワ51. フクシマ製キットの組立てですが、故HA氏の遺品をお譲り頂いたものを再塗装他実施した車両です。

この日はTOMIX製キット組立てによるホキ800と、エンドウ製プラキット組立てのワフ22000を牽かせてみました。

20170601_0006_


最後は貨車の牽引役をDD13一次型に交換。 このDD13は、天賞堂が初めて製品化した16番。 高校時代に出会ったHH氏からお譲り頂いたものですが、ぶどう色から新塗装に塗り替えています。 マイティと称したモーターは健在ですが、ギアボックスに伝達するゴムジョイントは度々劣化、今はシリコンチューブにしていますが、これもそろそろユニバーサルジョイントに交換する必要がありそうです。

20170601_0013_dd13

先日のグランシップトレインフェスタなど、公開性が高い運転会では登場の機会が無い車両たち、久しぶりに走らせてやることができました。

« 2017年5月 | トップページ

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ