« 小田急ワールド | トップページ | 名古屋に日帰り② »

2017年8月11日 (金)

名古屋に日帰り①

直近での京王線のダイヤ改定(京王電鉄は何故か改正とは言わないので)がいつだったのか記憶にありませんが、少なくとも改定以来初めて乗った初電、4時44分発です。 8月10日のことでした。

20170810_0001_20


橋本からの相模線初電は5時12分発ですので、少し待つことになります。

20170810_0002_20

ホームに到着している電車にはまだ、乗務員がいませんので開扉されません。

20170810_0003_20

茅ヶ崎で通過する上り貨物列車を見送り、東京からの1番列車である沼津行きに乗ります。

20170810_0004_20_2


が、都心の通勤電車のような混み方に驚きました。 仕方なく運転室の後ろに立って前方注視。 平塚、大磯、二宮、国府津と過ぎ、鴨宮でようやく空きましたが、まだまだ空席にはなりませんのでそのまま運転席後方に。

結局、小田原、早川、根府川、真鶴、湯河原、そして熱海まで。 ‘伊豆急の東急’とご対面。

20170810_0007_20


熱海では敢えて座らず、そのまま丹那トンネルを抜けて函南、三島。 三島では‘伊豆箱根の西武’とご対面。

20170810_0008_20_2

三島で島田行きに乗り換えてやっと、ロングシートに座ります。 小一時間後に静岡でこれまたロングシートの浜松行きに。 沼津~浜松間の東海道線には魅力が無くなりました。

浜松からはやっと、快適なクロスシートです。 新快速・大垣行きの313系が弁天島を過ぎてすぐ、

20170810_0009_20


隣をN700が物凄い速さで抜かして行きます。

20170810_0010_20


抜かして行くN700の後部を捉えようと試みましたがこの通り、お粗末さま。

20170810_0011_20


豊橋で名鉄を確認。 魅力的だったパノラマカーの姿はありません。

20170810_0012_20


岡崎では愛知環状鉄道2000系にご挨拶です。

20170810_0014_20


新快速はここ安城に停車しますが、新幹線乗り換え駅である隣の三河安城は通過してしまうのですね。

20170810_0016_20


この日は清州駅の踏切で安全確認ということで、新快速は10分ほど遅延。 それでも11時20分頃には名古屋駅に到着できました。

20170810_0018_20


さてこれから駅を出て・・・、②へ続きます。

« 小田急ワールド | トップページ | 名古屋に日帰り② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京から名古屋まで各駅停車の旅ですか。精力的な行動力に脱帽です。

ぼっちぼちさま
一番の理由は経済的事情、一日の交通費として2,370円は魅力です。
しかも、いくら各駅停車と言えど、東海道線は100~110km/hで走りますから、機関車牽引の特急列車より早いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/65650252

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋に日帰り①:

« 小田急ワールド | トップページ | 名古屋に日帰り② »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ