« 1600形完成 | トップページ | 小田急ワールド »

2017年8月 1日 (火)

1960年代初頭の小田急

小学生から中学生時代の思い出を求めて製作してきた小田急の電車たち。 今年になって完成させた小田急の電車は1600形と2400形HE車。 それらをちょっと並べてみたくなりました。

20170801_0005_20


一番手前が1600形1602、順に1900形1904、2200形2228、2320形2328、一番奥が今般完成させた2400形2452です。

20170801_0003_20

1600形と1900形はABF車と言われる吊り掛け駆動車。

20170801_0008_20


2220形、2320形、2400形はABFM車というカルダン駆動車です。

20170801_0009_20


これらが当時の小田急の車両基地、経堂検車区を賑わせていました。

20170801_0007_20


新宿方は、前頭部にパンタグラフある車両が主体だったので、堂々とした姿だったのをはっきり覚えています。

20170801_0010_20

小学2年生の時から親しみを持ち始め、5年生の時にOゲージの模型を製作して以来、ライフワークとなってしまった小田急電車の模型製作。 まだまだ続けますよ。

« 1600形完成 | トップページ | 小田急ワールド »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

ウムウム、良き時代の小田急ワールドですね。壮観です。

ぼっちぼちさま
はい、ありがとうございます。 この時代から小田急ファンになってしまったもので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/65607063

この記事へのトラックバック一覧です: 1960年代初頭の小田急:

« 1600形完成 | トップページ | 小田急ワールド »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ