« 代々木八幡駅近況:2017.12.6 | トップページ | 大相鉄展 »

2017年12月20日 (水)

こつこつ床下機器を

近年の車両の床下機器は、ほとんど市販パーツが利用できません。 無い物は作る!  自作の鉄則ですが、10両分となると結構大変です。

これは保安ブレーキ装置。 機器箱の後ろには空気溜が縦に。

20171219_0001_20


反対側から見るとこんな感じ。 丸棒をドリルレースした空気溜と、角材とペーパー片で作った機器箱を組み合わせています。

20171219_0002_20


こちらはブレーキ制御装置。 既に床下に接着しましたが、角材とペーパー片から作り、0.3φ真鍮線の取っ手を。

20171219_0003_20

これらは全車両が装備する機器なので、10両編成では10組必要になります。 あ~あ、まだ先は長そうです。

« 代々木八幡駅近況:2017.12.6 | トップページ | 大相鉄展 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

一日のノルマを決めてやらないと途中で嫌になって竣工日がドンドン伸びますので
頑張りましょう。

 やっとできたで1晩たってからよくよく見ると、なんか大きさのバランスがおかしい…。しばらく考えてから作り直し、なんてこともありますね。

ぬか屋さま
仰る通りですね。 ただ、ここに来てもう少し実車を調べなければならない状況になってしまいました。


モハメイドペーパーさま
確かに・・・。 実はそれを言ったら全て最初から作り直したくなりますが、いまさらという感じで諦めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こつこつ床下機器を:

« 代々木八幡駅近況:2017.12.6 | トップページ | 大相鉄展 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ