« 大相鉄展 | トップページ | もう一つのロマンスカー »

2017年12月25日 (月)

1600形運転会に

12月上旬に開催されたシニアの運転会、本年完成させたペーパー自作の1600形を走らせて来ました。 こちらはデハ1601を先頭にクハ1651+クハ1652-デハ1602の編成。 両先頭車がデハとなります。

20171207_0005_20


途中から、奇数車、偶数車の連結順序を逆転しました。 クハ1652が先頭で、デハ1602+デハ1601-クハ1651となり、両先頭車がクハになります。

20171207_0006_20


丁度、冬の午後の日射しを受けて快走します。

20171207_0007_20


この連結順序にすると、下りではエアサス試験台車MD5Aを履いたクハ1651が先頭になります。

20171207_0008_20

1960年代後半の思い出が懐かしく蘇ります。 鉄道模型っていいなぁと思うひと時を充分に楽しんだ午後でした。

« 大相鉄展 | トップページ | もう一つのロマンスカー »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

 昭和38年頃には1600形だけの6連という運用がありました。この際だからもう2両、どうですか。

モハメイドペーパーさま
えっ!? 1900との6連ではなくてですか??
もう2両と仰る前に、モハメイドペーパーさまのKHK230の増備を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1600形運転会に:

« 大相鉄展 | トップページ | もう一つのロマンスカー »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ