« 絶景:姨捨駅 | トップページ | 代々木八幡駅近況:2017.12.6 »

2017年12月11日 (月)

初対面:新型ロマンスカー

OER3001氏としては、小田急の新型ロマンスカーに期待しない訳はありません。 深夜に唐木田車庫に回送されたので、光線の良い日中に、その姿を確認して来ました。

20171209_0005_20


メトロ16000系の隣に、赤いボディーが。 窓ガラスにはまだテープが貼られていたり、シートにはカバーが掛けられていて、まさに納入直後の新車です。 日本車両の社員たちが大勢で、いろいろな検査をしています。

20171209_0004_20


赤いボディと一言で言えど、光線の状況で微妙に違いがあるようです。 屋根は車体より濃い赤。 

20171209_0008_20


ファンからいろいろな批判も聞こえますが、岡部憲明さんのデザインに対する思いが伝わる、なかなかスマートな外観。 OER3001氏は気に入っています。

20171209_0022_20


側窓下にはVSE、MSE同様のオレンジバーミリオンのストライプ。 赤いボディとは言えど、色調の異なる赤を使い分けるお洒落。 

この先頭台車、過日幕張メッセで開催された「鉄道技術展2017」の日本車両ブースで展示されていました。

20171130_0012_20


これから試運転も開始され、3月17日から営業するそうですが、大いに楽しみな新型車両です。

« 絶景:姨捨駅 | トップページ | 代々木八幡駅近況:2017.12.6 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

 上から見た方がまとまっている気がします。それにしても、EXE以上に微妙で、印刷屋泣かせな色だな。

なるほど、斜め上から見た方がカッコいいですね。早く本線を走る姿を拝みたいです。

モハメイドペーパーさま
いつもコメントをありがとうございます。 仰るように上から見た方が、ということは模型映えするということですね。


ぼっちぼちさま
ですね、まさに模型化急げと言うことでしょうか?
まだ、当社工場ではN4000形10連が出場していないもので・・・(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初対面:新型ロマンスカー:

« 絶景:姨捨駅 | トップページ | 代々木八幡駅近況:2017.12.6 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ