« 2両のED その後 | トップページ | ラッキーな出会い »

2018年1月30日 (火)

2両のED 続報

結構手間がかかりましたが、取りあえず動くようになりました相模鉄道ED10形2両。 車体が1,000円、TOMIX製PS13×4で4,480円、動力WB31スポーク車輪11.5φ×4で12,000円、真鍮材250円、カプラー400円、小計18,130円+消費税1,450円で総額19,580円。 これが安いか高いかは何とも言えずというところ。

20180130_0003_20


まだ前照灯の点灯化がなされていません。

20180130_0008_20


しかし、もともと安価なプラ一体成型の車体、並べて遠目に見る分にはどうということはありません。

20180130_0009_20

安価なTOMIX製パンタを使いましたが、既存のパンタ台では左右寸法が不足するので、幅を広げたパンタ台。 ED11の方はプラ板で拡幅しました。

20180130_0001_20


ED12の方は3×2の真鍮アングル材で拡幅。 この真鍮材が手元に無く、先に加工したED11は前述の如きとなった次第です。

20180130_0002_20


カプラーにはKATOのEF65-500用というのを利用、2㎜のスペーサーを介してビス止めしました。 デッキにそのビスが貫通していますが、これは後でデッキ同色を塗って目立たぬようにします。

20180130_0004_20

手前がED11、奥がED12。 ED10形は11~14の4両ある中で、12だけ他車と向きが違っていたようです。 そのため屋根上のアンテナ位置までED11とは逆になります。

20180130_0006_20

実際はほぼ2両連結で活躍したとか。 パンタは1台しか上げません。

20180130_0005_20


前照灯点灯化やウエイト補充などが残っており、まだ完成とは言えない状態ですが、タキ35000あたりが5~6両欲しくなりました。 何方かプラ製品余っていないでしょうか。

« 2両のED その後 | トップページ | ラッキーな出会い »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

 車体ができあがっているから、完成が早いですね。2両でパワトラ4個になると、スピードの調整が大変そう。木製道床の線路に年代を感じます。

わあー、一番乗りですね。私の方は2台目のパンタ搭載を終了して、下回りボルスタの修正中です。また、車輪を11.5φスポークに替えねばなりません。もうしばらくお待ちを。

何だかんだ言いながら速いですね。
私は此れからパンタ等取付け予定です。

モハメイドペーパー さま
パワトラはもともと個体差がありますので・・・。2両で4個なら干渉し合ってなんとかなるでしょう。


ぼっちぼち さま
はい、結果的に一番乗りのようです(笑)。


ぬか屋 さま
最も手が掛かるのは動力化のための床板改造ですが、ほぼそれだけで済みますよ。

ご無沙汰しております。
以前、相鉄6000系ペーパー車両でコメントした者です。

タキ35000が欲しいとの事ですが、
今年3月にモデルワムに伺った際、
タキ35000(米タン計量口なしタイプ)が2箱(4両分)ありました。

現在の在庫状況はわかりませんが
駄目元で問い合わせてみては如何でしょうか?

スーパーやまびこ1号の男さま
いつも拙ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
また、このたびのコメントにもありがとうございます。
懐状況とも相談し、確かめてみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2両のED 続報:

« 2両のED その後 | トップページ | ラッキーな出会い »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ