« はつかりくらぶ「ゆらら」運転会に | トップページ

2018年5月16日 (水)

2台目のEB10

こてはし鉄道さまhttps://blog.goo.ne.jp/kotehasitetudouからは、EB10をもう1台頂いてしまいましたので、こちらも塗装を落としてみました。

Img_0001_20
結構しっかりした塗装故、完全に塗料を剥がすのには苦労します。 シンナーに浸けて、平たい先の道具で削ぎ取るように塗料を剥がし、ワイヤブラシで擦ります。 しかし今回は、台車の塗料はしっかししていてなかなか剥がれてくれません。

Img_0002_20
結局そのままにしました。 床板部分は真鍮でした。

Img_0003_20
塗料剥がしを断念した台車ですが、軸受周りは真鍮ドロップフォージング、ブレーキシリンダーは真鍮挽物の黒メッキでした。

Img_0004_20
DT23同様の形状で、なかなか綺麗なパーツです。

Img_0011_20
こうして新たな塗装の準備が整いました。

Img_0006_20
2台のEB10、一見同じに見えますが、比べてみると些細な違いがあるようです。 まず車体では前照灯、左は挽物パーツに米粒球を挿入する方式、右はプレス製で挽物パーツに収まった米粒球を挿入する方式です。

Img_0007_20
台車の軸受周りは両方ともドロップフォージング製でありながら、左はゲルリッツ式のように板バネとウイングバネの組み合わせタイプ、右はDT23様のウイングバネ。 両端形状が異なります。

Img_0008_20
反転してみると、カプラー取り付け方法に差異があります。 左はカプラー座具パーツが使われていますが、右はそれを省略した形状です。 こんなところにコストダウンの苦労があったのですね。

Img_0009_20
さて、こうして2両のEB10と、先に塗装剥がしを終えていたEB58の3両が、新たな装いを待っています。

Img_0010_20
少年時代の懐かしい鉄道模型入門セット邂逅。 どんな3両に仕上げましょうか。 梅雨入り前に仕上げたいですね。

« はつかりくらぶ「ゆらら」運転会に | トップページ

鉄道模型(フリー)」カテゴリの記事

コメント

あとの2台はEH10よろしく、後方パンタで永久連結して、色も黒と黄色でキメたらいかが?当たり前すぎますかね?

ぼっちぼち さま
じ、実は・・・、既に塗装は終えました。 ただ、塗装後の作業が何かと多くて完成はまだまだ先になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/66725453

この記事へのトラックバック一覧です: 2台目のEB10:

« はつかりくらぶ「ゆらら」運転会に | トップページ

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ