« 本当のLast Run LSE | トップページ | 貨車自作 »

2018年7月13日 (金)

運転会で得た刺激

7月6日にご紹介した「シニアの運転会へ」http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-7ef6.html

参加者の作品から刺激を頂けるのは嬉しいものです。 この日ゲスト参加されたモハメイドペーパーさまは、キワ90のエッチング版を利用した貨物(荷物?)電車を持って来られました。http://jorctk.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-c898.html

Img_0026_20

形式はデカ119。 ん?デカって刑事のことでしょ。 ならば110ではないの? でも車番は消防、救急の119。 このあたりにモハメイドペーパーさまのセンスが漂います。 

なんだ、2軸車じゃないかなどと侮れません。 下回りを拝見するとご覧の通り。 1軸1モーター、しかも形軸は左右に首を振る3点支持です。

Img_0027_20

続いては小田急のデキ1(ED1010)擬きの凸形電機。 ED1020のような丸窓に改造されて2丁パンタ、「5」のナンバーが付けられています。

Img_0030_20

台車は気動車用のDT18の利用のようです。

Img_0033_20

当然ながら2個モーターの強力機ですが、なんとギア比は17:2のようですから相当ぶっ飛ばせます。

Img_0032_20

永いお付き合いの中で、これまでも目の当たりにしてきた作品ですが、久しぶりに知恵と技術が凝縮された、中身の濃い作品を観察できて何よりでした。

モハメイドペーパーさま、ありがとうございました。



 

« 本当のLast Run LSE | トップページ | 貨車自作 »

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

コメント

 内輪の互助会ブログにしても、少々持ち上げすぎです。119は小さいのを逆手にとってデカとしました。デキもそうですが、赤は特急車に使った余り物を活用しました。ギア比はデカが17:2、デキが14:2です。

モハメイドペーパーさま
いやいや、知恵と技術が凝縮された中身の濃い作品は事実ですよ。
ギア比のご指摘、ありがとうございます。そうでしたね、デカ17:2、デキ14:2、確か車輪径が異なるからと説明されましたっけ。

 ちょっと補足です。17:2のギアは最初1500系に使ったものの転用です。車輪径の違い云々はEF65の20:2で、10.5mm車輪で14:2の電車とほぼ同じ速度になります。

モハメイドペーパーさま
そうそう、そのように伺っていた筈ですが、すっかり失念してしまって(汗)。
補足をありがとうございます。

きっちりとした裏側の紹介をありがとうございます。単車の片側がフリーになっているところは興味がありますね。どうやってギアホルダを床板に取り付けているのだろう?

ぼっちぼちさま
どうやって? それは作者に聞いてみてください。
http://vse50001.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-7ef6.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591447/66937194

この記事へのトラックバック一覧です: 運転会で得た刺激:

« 本当のLast Run LSE | トップページ | 貨車自作 »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ