« 自動運転を愉しむ | トップページ | カッコイイな~。 »

2018年10月29日 (月)

続:自動運転を愉しむ

折角線路を繋いだ自動往復運転装置。 直ぐに片づけるのはもったいないので暫く愉しむことにして、滅多に走らせることが無かった広島電鉄200形(旧西ドイツ・ハノーバー市電)を走らせてみたくなりました。

20181027_0006_20
室内灯も装備したこともあって、たった1両でも存在感があります。

20181027_0007_20
折角ですから、部屋の明かりを消して楽しむことにしました。

20181027_0002_20
カメラを固定すると、光が流れて行きます。

20181027_0008_20
自動往復運転区間の中央部は列車交換が可能な複線。 前後ポイントは割り込み式にしているのでポイントマシンを作動させること無く左側線路を通過します。

20181027_0015_20
概ね1分間隔で自動往復運転、見ているだけで愉しいものです。

« 自動運転を愉しむ | トップページ | カッコイイな~。 »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

 交換はしないの?

モハメイドペーパー さま
残念ながらその対応はなされていないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続:自動運転を愉しむ:

« 自動運転を愉しむ | トップページ | カッコイイな~。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ