« 令和最初の完成 | トップページ | 玉電150形走る »

2019年5月 5日 (日)

玉電全盛期

150形が完成したので、46年前に製作した80形と並べてみたくなりました。

20190505_0013_20

80形はペーパー自作、当時はスケールの台車もなく、ブリルMCBを流用、カツミの小型モーターDV-130とインサイドベルト伝動でしたが、最近WB-26Bに変更しました。 車輪径は10.5φのため、スケールより腰高になるのは止むを得ません。 パンタはPS-16の改造です。

20190505_0016_20

それでも4両を並べてみるのは実に楽しい。

20190505_0001_20

2両編成に組成していますが、150形が「連結2人のり」なのに対して80形は各車に2名の乗務員時代で製作しています。 どこが違う?って、側扉の表示が異なります。 80形の両端扉は「出入口」、中央は「出口」なのに対し、150形は2連の前後扉が「入口」、他は「出口」なのです。

20190505_0007_20

2編成を並べて悦に入っています。

20190505_0005_20

時には検査の都合で、80形と150形の連結もありました。

20190505_0003_20

150形の塗色は、日光モデルの東急グリーンとクリーム色2号を使いましたが、80形の塗色は自家調合したものです。 連結してもそれほど違和感は無いものの、クリーム色には少しグリーンを加えるべきでした。

 

 

 

« 令和最初の完成 | トップページ | 玉電150形走る »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

 厳密にいえば、80形と150形の連結は世田谷線になってからなので、80形の中扉はステップ付になります。でも模型だから雰囲気を楽しめればそれでよし。クリーム色は自家調合の方が玉電らしく感じます。

モハメイドペーパー さま
80形と150形の連結は世田谷線になってからでしたか。 もっともOER3001氏にとって玉電は、「渋谷から二子玉川園を走る電車」というより、「豪徳寺の下を通る電車」「京王線下高井戸から出る田舎電車」というイメージでしたので、国道246を行く姿には馴染んでいなかったようです。
自家調色クリーム、ご評価頂き嬉しいです。

80の車輪は元々の台車では810だったと思いますから、10.5でもそれ程オーバーではないかと。ウチの80も10.5を履かせています。車体更新後の台車交換してからは660でしょうか? 玉電色のクリームは本当に悩ましい色合いで、緑が僅かに入らないといけないようです。150は新車ピカピカで、80のは色褪せていたから、これで良かったのではないでしょうか・・・

きんぎょ/中澤 さま
仰る通り80形は810φの車輪でした。対して150形は710φですから模型では9.0φですが、使用したダルマヤのパワートラックは8.5φなので2㎜の違いは大きいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和最初の完成 | トップページ | 玉電150形走る »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ