« いかせんべい | トップページ | SE車の雄姿を刻む »

2019年5月27日 (月)

箱根登山電車100年展

横浜の原鉄道模型博物館で始まった「箱根登山電車100年展」、ご縁あってそのオープニングにご招待頂きました。 今回の企画展に合わせて、あらたにモハ103+モハ107の1番ゲージ模型も製作されました。 実車がこの夏に引退することで、100年前にできた「チキ1形」生き残りの車両が消滅することに因んで作ったとのことです。

メインの1番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」の電車ホームに停車しています。

20190524_0020_20103107

プラットホームには、原信太郎氏が製作したとされるチキ1形も停車しています。 この線路には、市電様の架線が張られているのが残念な所ですが我慢します。

20190524_0029_20 

その前に用意された久寿玉、開通式で紐を牽くのは府川光男箱根登山鉄道社長と原健人副館長です。

20190524_0031_20

久寿玉が割れると、駅を発車しました。 府川光男箱根登山鉄道社長が視線を注いでいます。

20190524_0033_20

しっかり室内まで作り込まれた模型だけに、思わず目が釘。 動きも重量感があって素晴らしいです。 軌道が路面軌道であるところが残念ですけど。

20190524_0034_20

1往復して戻ってきたモハ103+モハ107の隣に停車しているのがチキ1形。

20190524_0024_202

普段は入口近くの第一展示室のケースに収められているので、こうしてジオラマで、しかも103+107との並びを見られるのは、この企画展示期間だけとのことです。

20190524_0026_20

お陰で第一展示室のケースは「只今、いちばんテツモパークを走行中」と。

20190524_0052_20

箱根登山鉄道とのコラボレーション企画展示、7月8日(月)までです。 足を運んでみる価値大ですよ。

20190524_0043_20

 

 

 

« いかせんべい | トップページ | SE車の雄姿を刻む »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

会期中には近くに行く用事もあるので、また、行ってみようと思います。

ぼっちぼちさま
それが良いと思います。是非是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いかせんべい | トップページ | SE車の雄姿を刻む »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ