« 同い年生まれの車両-2 | トップページ | 10連走らせて来ました! »

2019年6月26日 (水)

同い年生まれの車両-3

 
暫く製作中断と宣言しながら、ちょっとだけ進めてしまいました。 オデコをバルサ材から整形、ラッカープライマー浸み込ませてからパテ塗ってサーフェサー吹いて、ここまで到達しました。

20160626_0001_20

後部連結面はこんな感じ。

20160626_0002_20

一気に床板も付けました。 動力車にする方は‘床板’ならぬ‘床紙’、そうペーパーです。 およそ0.5㎜厚のアイボリー紙を2枚貼り合せ、ご覧のようにラッカープライマーを浸み込ませて硬化しています。

20160626_0003_20

ところが、サハに台車を付けて見たところ何と腰高! 今さら床板止めの角材位置を修正することなど不可能なので、ご覧のように床板を薄く削ることにしました。20160626_0004_20

こんな感じになりました。 床面高1,100㎜と低い車両なので・・・。

20160626_0005_20

目線を下げて確認、こんなところでしょう。

20160626_0006_20

3両ハコになったところで暫し中断です。

20160626_0007_20

いろいろと平行製作するのも良いものです。 材料が用意できたところで、気が向いたものに移ります。

 

« 同い年生まれの車両-2 | トップページ | 10連走らせて来ました! »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

コメント

 サハ2650の台車は厳密にいうと標準タイプのTR11ではなく、ペデスタル部分がメインフレームに食い込んでいて、全体にベッタンコ(メインフレームとイコライザーとの間隔が狭い)な感じになります。そこは目を瞑るとして、ベンチレーターが大量に必要ですね。

モハメイドペーパーさま
履かせたTR11は、実は小田急サハ1950をコロ軸受タイプに交換した時の発生品流用なのですよ。ペッタンコだったとは知りませんでした。ガーランドベンチレーター、恐怖です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同い年生まれの車両-2 | トップページ | 10連走らせて来ました! »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他社線ご案内

無料ブログはココログ