« 奇を衒う | トップページ | 暑い、8月だ! »

2019年7月27日 (土)

空気制動装置のパーツ

近年の新型車両では、床下に見える空気配管はかなり減少しましたが、それでも詳細な再現にはかなりの労力を必要とします。 今までそれらは思い切って省略してきたのが実情でしたが、今回は大幅に簡略化しつつ、以下のようなものを作ってみました。

3φの真鍮丸棒をテーブルドリルに咥え、ヤスリを当てて適当に削りました。 ピンバイスで0.6φの穴を貫通させます。

20190725_0001_20

再びテーブルドリルに咥えて、適当な長さで糸鋸を当てて切断しました。 これを2組作り、貫通した0.6φ穴に真鍮線を通します。

20190725_0004_20

これを適当に曲げて、床下に固定したところで、出来上がったパーツを下に向けてハンダで固定。 

20190726_0003_20

空気制動装置関連の弁らしく表現できたでしょうか。

色々な題材を平行製作していますが、小田急ものだとつい、斯様なパーツにも手間をかけてしまいます。

 

« 奇を衒う | トップページ | 暑い、8月だ! »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇を衒う | トップページ | 暑い、8月だ! »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ