« 鉄道総合技術研究所 | トップページ | 多摩モノレールならぬ「多摩呑もレール」? »

2019年9月21日 (土)

補遺:鉄道総合技術研究所

昨日掲載の「鉄道総合技術研究所」、後半で紹介した「クヤR291-1」ですが、燃料電池ハイブリッド試験電車とのこと。 

本日発売の「鉄道ファン」誌11月号は57ページに、従前車両のLi-ionバッテリー、高圧水素タンクなどの搭載機器を小型化・高性能化して、パワーを1.5倍にしたとの記事が掲載されました。 

また、詳細は鉄道総研のニュースリリースもご参照ください。

クモヤR290-1+クヤR291-1の2両編成で、2005年に近畿車輛で製造され車体をベースに、搭載機器が改良されて試験を繰り返しているらしい。どちらにもパンタが搭載されています。

実用化にはまだ時間を要するようですが、実用化が楽しみですね。

« 鉄道総合技術研究所 | トップページ | 多摩モノレールならぬ「多摩呑もレール」? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

少々日が空きましたが、この電車は鉄道総研の試験車「燃料電池ハイブリッド電車」というそうです。
9月24日付の交通新聞で紹介されています。従来から試験を重ねていた車両ですが、機器の小型化により営業ができるようロングシートを設けています。
詳細は、鉄道フアンで紹介されているようなので省略します。それにしても早々と目撃されたのですね。

八千代運転所 さま
そういう事なのです。開発費用にも制約があるでしょうし、目的によってさまざまなケースがあり、必ずしもゼロから新規製作と言うことばかりではないのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道総合技術研究所 | トップページ | 多摩モノレールならぬ「多摩呑もレール」? »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ