« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

新たな仕掛かり-その後

しばらく他のことで忙しくしていましたが、ここまで進みました。

雨樋、シル・ヘッダーを付け、教務員室扉、側扉に靴摺を付けて、特徴的な3灯の前照灯を付けました。

20191130_1004_20

反対側面に側扉はありません。

20191130_1003_20

床板は未着手。 いろいろと考えることがあるので暫く手を付けられません。

 

2019年11月22日 (金)

箱根登山鉄道復旧を願う

台風19号で大きな被害を受け運休中の箱根登山鉄道。 また活気を取り戻してくれることを願っています。

我が家の登山線ではアレグラが大ヶ嶽隧道を抜けて来ました。

20191122_0001_15

なのに、実際の大ヶ嶽隧道は斯様な状況(2019.11.13)、線路は赤く錆びています。

20191113_0037_15

プラットホームに停車しましたが、まだ誰も乗り降りしません。

20191122_0002_15

もう紅葉も見納め、寒い季節になりますね。 なのにこの電車は一年中「あじさい電車」です。

 

 

2019年11月20日 (水)

新たな仕掛かりー2

仕掛品が目に入る状態は健康に良くないようです。 正面窓周辺を作って貼り合せ、貼り合せたら隙間が気になってパテで埋め、埋めたらヤスリ掛けしたくなって。 そうしたら全体の歪などを確認したくてサーフェーサー吹きました。 

サフェーサー吹いたらまた気になってヤスリがけ。 ということでここまで来ました。

20191120_0002_20

まだ細部を磨く必要がありますが、取りあえず。

20191120_0001_20

真鍮製の大作が途中なのに・・・、どうもペーパー自作の方が好きみたいで、常にペーパー車体を弄っていないと精神的に良くないようです。 この題材はあくまで息抜き用なのですが。

 

2019年11月18日 (月)

新たな仕掛かり

大作に取り組んでいると、息抜きも欲しくなるのが悪い癖です。 気になっていた題材に、軽い気持ちで手を出してしまいました。

20191116_0002_20_20191117230202

図面書かずに、似た車両の形式図と書籍の写真を参考に、余っていたアイボリー紙に直接罫書き。 そのままでは柔いので、強化と貼り合せたペーパーの接着を兼ねて、ラッカープライマーをかけておきました。 ここまでおよそ2時間くらいだったか。

そうしたら、いっそのこと組んじゃえということで車体裾に補強用角材を接着、運転室仕切りを妻板代わりにしてハコ状にしてしまいました。 曲げ加工が終わった屋根部にもラッカープライマーを塗っておきました。 

20191117_0001_20

ここまで約1時間。 さてさて問題は湘南顔の先頭部。 現物合わせでやっていく予定です。

 

2019年11月16日 (土)

台風19号の爪痕

地球温暖化の影響で、天候が極端になっています。 冬は低温と大雪、夏は高温と台風。 その台風19号は、各地に土砂崩壊や洪水を起こしました。 箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間は、軌道流失などの影響から運休が今も続いています。 復旧には一部区間の線路付け替えなども検討されているとか?

株主優待乗車券の消費を兼ねて、ちょっと現地に行ってみました。 小田原~箱根湯本は箱根登山鉄道の路線ですが、1,067㎜区間なので小田急の車両で運行します 。 写真は入生田、右手に箱根登山鉄道の車両工場があるため、ここから先は1,435㎜との3線区間。

20191113_0012_15

しかし1,435㎜ゲージの線路(左端)は電車が走っていないので赤錆びです。

20191113_0016_15

箱根湯本駅に進入しますが、光っているのは小田急車が走るところのみ、悲しいです。

20191113_0017_15

登山線ホームには1001Fの3両編成が止められたまま。

20191113_0023_15

「祝・100周年」のステッカーがなんとも悲しい。

20191113_0024_15

箱根湯本駅を出て直ぐ80‰ですが、線路は赤錆び状態。

20191113_0025_15

箱根湯本駅の側線にも、アレグラ3000形他が止められていました。

20191113_0026_15

左手の道を上がると、屋根上の観察ができます。

20191113_0027_15

使われない車両がどこに保管されているのか確かめたく、塔ノ沢駅まで歩いてみました。

20191113_0036_15

廃線跡ではありませんが、赤く錆びた線路はなんとも虚しいです。

20191113_0040_15

帰りに入生田車庫内を覗いてみたらご覧の通り。 アレグラ、サンモリッツ、旧型車、ベルニナと、全形式が納められていました。

20191113_0072_15

残る車両は強羅なのでしょうが、代行バスには乗らなかったのでまた後日、確認することにしたいと思います。

 

 

 

2019年11月14日 (木)

日立製作所製

我が家には、OER3001氏が誕生した年でも ある 「日立製作所・昭和25年」のプレートが大切に保管されています。 

京王帝都電鉄デハ2605に付けられていたものです。 なんでも日立製作所が初めて製造した私鉄車両だったということは後に知ったことで、大変意義のあるものでした。

25

 

そんな事情から製作したのが、先に完成した模型でした。

20191112_0007_15

先般、某所ジオラマで試走させたところですが、我が家でもエンドレスを敷いた機会に走らせてみました。

20191112_0009_15

3両編成は狭いエンドレスでも苦痛に感じることなく楽しめます。 3Dプリントの台車、IMON製両軸モータ1527D15-12-27とWB27.5MPギアによる走行は、 小さなエンドレスでは充分に楽しめるものでした。

 

 

2019年11月12日 (火)

試運転

竣功した小田急2100形、エンドレスを敷いて試運転しました。 17m級2+2の4両編成は、カメラに収めるのも楽です。

20191112_0002_15

先頭はデハ2103。 方向幕表示は新宿です。

20191112_0003_15

反対側はクハ2154、方向幕表示は相模大野です。

20191112_0004_15

カーブ上から見ると、当時の南新宿駅の跨線橋を思い出しました。

20191112_0006_15

吊り掛け式モーター(デハ各車に4台)は2台直列ですが、なかなかスローは苦手なようです。 試運転の結果1軸の回転が上手く行かなかったのを修正しました。 近いうちに広い会場で試運転することにします。

 

2019年11月10日 (日)

小田急2100形

取りあえず竣功としました。 デハ2100形とクハ2150形の2両編成2本、日本車輛製2103Fと東急車輛製2104Fとしています。 川崎車輌製2101F、2102Fとは屋根Rが異なり、後の2200形の形状になっています。 実車の室内は当初、川車製がビニール張りで腰掛け袖が板状だったのに対し、川車、東急製がデコラ、金属パイプだったので、2103F、2104Fの方が好きだったからです。

20191110_0003_15

行燈式の前面方向幕、デハは2両とも新宿ですが、クハは向ケ丘遊園と相模大野とし、連結順序で異なる行先としました。

20191110_0004_15

実際は2+2の4両編成での運用が多かったので、クハとデハが顔を合わせて連結されます。 それに備えて渡り板を可動としています。

20191110_0008_15

カルダン車開発の最中に生まれた実車は、それまでのシル・ヘッダーを無くした軽量車体と、試作開発的要素を多分に含んで誕生した車両だけに、模型でもちょっとした試みをしました。 動力装置は吊り掛けモーターを1軸1台、即ちデハは4個モーターと実車並みです。 どんな走行をするのか、大きなレイアウトでの試運転が楽しみです。

 

2019年11月 4日 (月)

前面手摺

可動式渡り板に続いて、前面手摺を作りました。 4両分で左右合わせて8個、いつもなかなか綺麗に仕上がらなくて苦労しますが、これで諦めます。

20191104_0001_20

左の人差し指の腹は、だいぶ厚くなったようです。 ハンダ付けの抑えは指に限ります。

思えば通算で38両分、76個の手摺を作ってきたことになります。

 

2019年11月 1日 (金)

可動式渡り板

可動式渡り板を4枚、製作中です。 運転台のある車両同士を連結するのに、連結面間隔をなるべくスケールに近付けるためには稼働しなければ脱線に繋がりますから。 内径0.3φ外径0.5φの真鍮パイプの中に0.3φ線を通しています。

20191101_0001_20

Mc-Tc2編成の2100形2編成に使います。

これができたら手摺を作らなければなりません。 左右を4セット、真鍮線ハンダ付けが待っています。

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他社線ご案内

無料ブログはココログ