« 新たな仕掛かり-その後 | トップページ | 「電車バー」再び »

2019年12月 6日 (金)

2100形試運転

先に完成させた2100形、多摩川沿岸の勾配のあるレイアウトで試運転させて頂きました。

20191205_0009_15

いさみや製の吊り掛けモーターをデハに4台、即ち1台車2個モーターという実物同様の装備に拘り、デハにウエイトはあえて搭載していません。 実物が電動車にウエイ積みますか? それでMc-Tcを2組連結した4両編成、モーター数は8台ということになります。

スタート時はモーターごとに微妙な起動時間差がありますが、ウォームギアを使っていないだけに、非起動軸があってもスタートします。 走り出せば相当な速度になります。

20191205_0010_15

上り勾配で停止、発車を試しましたが、問題なく発車してくれました。 実車通りのモーター数でウエイト不搭載の実験は成功でした。

« 新たな仕掛かり-その後 | トップページ | 「電車バー」再び »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

コメント

 このシステムで2200とか2220を作ると、2両で8個モーターにするのでしょうか。

実車へのこだわりが凄いです。次はパンタ集電?

モハメイドペーパー さま
ん~、そういう事になりますが、カルダン車には吊り掛けモーター使うつもりはありませんよ。

ぼっちぼち さま
それまでしたら、原さんの博物館仕様になっちゃうでしょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな仕掛かり-その後 | トップページ | 「電車バー」再び »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他社線ご案内

無料ブログはココログ