« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

昭和の思い出

いろいろあって、2週間ほど発信が滞ってしまいました。 実はこの間に母逝去、葬儀、諸手続きなどが目白押しと、流石に“優雅な生活”は少々無理でした。

が、諸手続きのために渋谷区役所に行った序でに、変貌凄まじい渋谷を歩いて来ました。 いよいよシンボルであった東横デパート(現東急東横店)の解体も近付いて来て、母の思い出とともに、昭和の思い出も消えようとしています。 OER3001氏が所有するこのEB58は、昭和37年(1962)にこの東横デパートの模型売り場で買ったキットでした。

20180427_0002_20 

その東急東横店、西館7階で3月31日まで開催されている「東横デパート思ひ出展」を見て来ました。目的は渋谷駅のジオラマです。 4方から見ることのできるジオラマで、まさに上のEB58キットを買った頃の街並みです。

Dsc_0637_20

手前左が東横デパート東館西館、中央は独特の屋根形状だった東横線ホーム。

Dsc_0640_20

北側(新宿方)から眺めればご覧の通り、左手に東館、右手に現存の西館。 山の手線、いや当時は山手線の車両は101系カナリヤ色から103系ウグイス色に置き換わろうとしている時代です。 

Dsc_0641_20

営団地下鉄銀座線は2000形が最新型。 東横デパート3階から発着しています。1

Dsc_0642_20

北側から東横デパート西館を見下ろせば、屋上遊園は子どものパラダイスでした。 こだま型151系を模した遊具があります。

Dsc_0643_20_20200227161701

西側から見ると、山手線ホームと東横線ホームの間には山手貨物線! EF15が2軸貨車を牽いて行きます。 右手には建設中の首都高速3号線。 橋脚上からやじろべい如くに両方向に少しづづ腕(路面)を伸ばし、向こう側から伸びてきた腕(路面)と接続するという工法が記憶に残っています。

Dsc_0644_20

南側(品川方)からの眺め。 山手線外内別のプラットホームは今も変わらず。 山手貨物線を挟んで東横線ホーム。

Dsc_0636_20

東横線ホームには最新型の7000系始め、青ガエル5000系、ステンレスバージョンの5200系に加えて吊り掛け車も並んでいました。

Dsc_0635_20

じっくり観察できて満足でした。

このジオラマ、展示終了後はどうなってしまうのでしょうか? 素晴らしい力作だけに、後世に残してほしいと思うのはOER3001氏だけではないと思うのですが。

 

 

 

2020年2月14日 (金)

狭軌世界最高速度

バレンタインデーにはチョコレート色の電車をということで、ひとまず完成としたクモヤ93000、時速175キロという狭軌世界最高速度をマークした電車の試運転を行いました。

20200214_0001_15

オデコの他にお腹にも増設された合計3灯の前照灯を照らし、曲線では車体を傾斜させて走ります。

20200214_0003_15

屋根上の観測ドーム脇に取り付けられた4灯の観測用灯光器は全自作、明るく照らして走ります。

20200214_0005_15

先ずはゆっくり走り出しました。 車体傾斜が効果を発揮するかどうか・・・。

20200214_0006_15

順調に加速して、R750のテストレールを快走します。

20200214_0007_15

カーブ外側から狙ってみましたが、5カット撮ってこの1カットだけまあまあという状況。 軽やかに走り回るのでカメラが追いつきません。

20200214_0008_15

R750ではホントの試運転は不可能です。 所属クラブの大レイアウトで、思う存分高速度試験に臨みたいです。 そしてライバルに挑戦ですね。

 

 

2020年2月 9日 (日)

御茶ノ水を訪ねる

好天に恵まれた先日、所用で出掛けたついでに、話題になっている御茶ノ水に立ち寄ってみました。 御茶ノ水橋口の現況です。

20200205_0013_15

中央線快速電車へのグリーン車増結の12両編成化に向けて、駅の改良工事中です。

20200205_0014_15

上の写真を撮った場所、90年前の昭和6(1931)年5月完成の・・・

20200205_0016_15

「おちゃのみずばし」です。

20200205_0017_15

水道橋方向を眺めれば、中央線快速と各駅停車の行き交う光景が広がります。

20200205_0010_15

この233系が12両編成になるのです。

20200205_0011_15

御茶ノ水橋からは国立大学の東京医科歯科大学と、私立の順天堂大学が望めますが、その目前で御茶ノ水橋の改修工事も行われています。

20200205_0012_15

そこで出没したのが、話題になっている都電の線路と敷石ということで、これを見に行った次第。

20200205_0007_15

やや!、線路の断面が見られます。

20200205_0003_15

よ~く観察しようと、ズーミングしてみると・・・

20200205_0004_15

右側のレールは、はっきり溝付きレールであることがわかります。

20200205_0005_15

しかし、左側は異なるようです。

20200205_0006_15

小生が経っている部分にも、線路が見えています。 ここも溝付きレールは右側だけのようです。

20200205_0008_15

良く判別できる光線の角度で観察しました。右側だけ溝付きレールでした。

20200205_0009_15

保存運動も開始されているようですが、敷石と線路。 歴史を伝える遺産として、なんとか保存してもらいたいですね。 再開発されるJR駅のコンコースなど最高だと思うのですが。

 

 

2020年2月 6日 (木)

シニアの運転会

多摩川河畔で開催されるシニアの運転会、今月は参加者も少なく些か寂しい開催でした。 お仲間から預かっていた修理品を返却することも有り、荷物は最小限と言うことで持ち込んだのは、東武ロマンスカー1700形でした。

20200206_0005_15

ただ・・・、残念なことにパワトラの1軸が、ウォームホイールが車軸から空回りして走行不良に。 早速車輪交換またはパワトラ交換のために入場することとなってしまいました。

 

2020年2月 3日 (月)

2100形快走!

S鉄道模型クラブさまの運転会に参加させて頂き、昨年完成させた2100形を走らせて来ました。

20200202_0016_15

いさみやの吊り掛けモーターを実物通りデハに4台装備したMcTc編成を2組連結した4両編成。

20200202_0017_15

小型モーターの起動は大凡4~5Vですが、4両編成で8個のモーター起動タイミングはバラバラです。 加電すると飛び出すようにスタートしますので、微妙なコントロールを要しますが、走り出せば5V、0.1A程度で快調に走ります。

ということで充分楽しませて頂きました。 クラブ代表のOさま、同級生のMさま他皆さまお世話になりました。

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ